スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q12-1 アンテナどれにしようか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 ハンディ機の自宅使用の項目も参考にしてみて下さい。
 さて、ハンディ機の項目で、GPの話などを簡単にしました。
 今回は少し具体的にGPアンテナの選び方を考えましょう。
 
 GPアンテナの長さは1m程度のものから、7mを越えるものまであります。
 例えば、第一電波工業の144/430MHzデュアルGPですと、X30が一番短く1m30、続いてX50が1m70、X200(2.5m)X300(3.1m)X400(4.6m)X510M(5.2m)X500H(5.4m)X700H(7.2m)という順です。
 カタログでアンテナそれぞれの利得を見比べていただければ明らかですが、当然、長いものの方が利得は高く、送受信の性能はいい。
 ただ、現実的に使用されているのは、1.3mの一番短いものから、せいぜいX400、4.6mまでが一般的でしょう。
 はじめてGPアンテナを使用するからという方に一番人気は、X30、X50。ある程度、ばんばんと無線を楽しんでいるという方ですと、X300、X400あたりでしょうか。
 それ以上の長さになりますと、やはり屋根の上に上げるのが大変です。


 
 さて、現実に使用する場合は、GPにマストをつけて屋根からあげることになります。
 マストの長さも様々ですが、一般には1m60程度のものから、5mを越えるものまで。
 デンコウカンやスイドウカンを手に入れることが出来れば比較的丈夫ながら安価に仕上げることが出来ます。
 それほど大きなアンテナをつけないのであれば、ホームセンターなどでそこそこの強度のマストを手に入れればよいでしょう。
 
 さて、GPアンテナの現実の性能は、その場所のコンディション(まわりに障害物があるかどうかなどなど)、その場所の地上高、そして、マストの長さ、GPの長さによって決定されます。
 ですから、もう少し飛距離をのばしたいのであれば、GPアンテナを買い換えるというよりも、マストを少し長めのものに変えてみるという選択をすることができるわけです。
 ですから、最初から意気込んで、一番長いGPアンテナを選ぶよりは、1~4mほどのアンテナを購入しておいて、マストの長さで飛距離を調整してはいかがでしょう。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


スポンサーサイト
Q12-2 アンテナをどこから上げようか?みんなどうしていますか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 GPアンテナをどこから上げようか。
 これはよくよく考えなければなりません。
 一番短い144/430MHzのデュアルGPでも、1m以上あります。マストでかさあげしてやれば、さらに大きなものを扱うことになります。自宅の状況や周りの状況なども考慮に入れて、決めることになるでしょう。


 
 もっとも多いパターンは、大屋根の上から上げる。ベランダに設置する。この二種類です。

 まずは大屋根の上から上げるパターンです。
 これは、瓦屋根の場合も、そうでない場合も、とにかく、一番高いところに設置することになります。
 まず、大屋根の上まで、作業する人が安全に上がれるかどうかが一番大切なところです。上がる方法がないのであれば、諦めなければなりません。
 大屋根の上に上げる場合、屋根馬を固定し、その上にマスト、そしてGPアンテナを立てることになります。
 ワイヤーなどで屋根馬やマストを固定する必要性があります。
 他の場所からGPを上げるのに比べれば、当然大屋根の上から上げれば、地上高は高くなりますから、送受信の性能は一番よいと考えてよいでしょう。
 まずは大屋根の上に上げられないか、考えてみましょう。



 次に多いのがベランダに設置するタイプです。
 持ち家でない場合、アパートなどの場合には、なかなか大家さんの許可をとって、大屋根にアンテナをあげさせてもらうというのは難しいでしょう。
 ですから、自分の家のスペースであるベランダに効率よくアンテナを設置することになります。
 それほど大きいアンテナは使用できない半面、大屋根の上で怖い思いをすることなく、手軽に設置できるというメリットがあります。ただし、大屋根にアンテナを立てるのに比べると、どうしても高さは制限されます。全方向を見通せるというわけではありませんから、壁がある面はどうしても送受信に不利になります。もっともそのあたりは我慢しなければ仕方ないでしょう。
 ベランダの手すりが丈夫に出来ていれば、そのままマストをベランダにUボルトなどで固定、もしくは、GPアンテナそのものを固定することも可能です。真上にすぐ障害物がある場合は、若干横にアンテナを逃がして立てる金具(L字型をしているわけですね)も発売されています。
 又、ベランダが弱い場合や、Uボルトが入らない場合は、ベランダに大屋根同様、屋根馬とマストを設置し、その上にGPを立てるという方法もありますね。


 
 以上がオーソドックスな方法ですが、これは個々の状況によって大きく異なります。
 うまく工夫して、がっちりとGPアンテナを設置しましょう。
 一通り、この講座を書き終わったら、イラストや写真を入れます。分かりづらいですから。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q12-3 マストってどうしてます?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 マストは、GPをベランダに直接Uボルトで止めてしまうのをのぞけば、GPアンテナを上げる時に必要になります。
 
 材質は特に金属である必要性はないのですが、やはり長くて丈夫ということになれば、必然的に金属製のものになりますね。もちろん、短いアンテナを短いマストにつけて使用するのであれば、物干し竿のようなものでも全然問題はありません。
 
 マストの長さはそれぞれです。デンコウカンですと1m60ほどでしょうか。ガス管や水道管になりますと、5mほどのものもあります。手に入るもの、自分で扱える範囲のものを手に入れましょう。
 又、マストの長さはもちろん自由ですが、ある程度上に設置するGPアンテナが長いものの場合、マストも長いものが必要になりますね。例えばGPが7m近いものに、マストが1mですと、マストから支線を引っ張りますから、支線が低いところから出るのでなかなか安定感を出すのが難しくなります。
 マストに関してはそんなところでしょうか。
 
 デンコウカンなどは当店のような無線機やさんでも手に入ると思います。(今のところ、梱包が大変で当店では通販しておりませんが……)お知り合いで電気屋さん、電気工事屋さん、水道屋さんなどがあれば、そこで適当なマストが手に入らないか聞いてみてもよいでしょう。















ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q12-4 アンテナ設置必要なものを教えて下さい?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 GPアンテナの上げ方も様々ですから、もちろん例外があります。ここに挙げたものが全て必要であるというわけではありませんし、逆にこれだけで全部というわけでもありません。だいたいこんなものが必要になりますよという感覚でざっと見渡して見て下さい。
 
 まず、各社のGPアンテナには、アンテナ本体(本体とラジアル部分)そして、コネクター部分を覆うパイプ、Uボルト二つ。これらがおおよそ各社のGPアンテナに含まれている部品です。
 それ以外に、必要なものは次のような感じです。
 まず、屋根馬、マスト、それらを固定するための支線類(大きなアンテナを設置する場合は、支線をしっかり張るため、各種小道具やマストベアリングなどが必要になる場合もあります)、同軸ケーブルなど。
 又、小物ですが、ビニールテープ、自己ゆう着テープなどが必要になります。
 これらの具体的な使用方法については、また後述させていただきます。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q12-5 アンテナ設置の注意事項?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 GPアンテナ設置の際の注意事項を少し。
 
 まず、GPアンテナとマストの設置について。
 GPアンテナは、一番下に取り付けるラジアル付近(ノンラジアルタイプは当然ラジアルはありません)から電波が出ます。ですから、ラジアル付近、特にラジアルの上には、金属を出さないようにしましょう。
 金属製のマストを使用する場合は、長さの都合などで、ラジアルよりも上にマストが頭を出しているものをみかけますが、電波がうまく出ていきません。他にも、金属製のベランダや、テレビのアンテナ類などはGPアンテナに干渉します。出来るだけ、ラジアル付近には近づけないように設置しましょう。


 
 さて、GPアンテナと同軸ケーブルの接点は、金属製の筒をかぶせ、直接水がかからないように出来ています。実は、このコネクター部分は、モービル用のコネクターと異なり、防水ではありません。そのため、直接水分がコネクターからケーブルへ染み込まないようにしているのです。
 しかし、残念ながら、パイプだけでは十分ではありません。湿気や、水蒸気など、パイプの中にはどうしても、水分が付着します。
 簡単にケーブル、アンテナの交換が出来ない以上、防水対策はさらにしっかりしましょう。

 まず、ビニルテープと自己ゆう着テープを購入しましょう。
 コネクター部分にまず自己ゆう着テープを巻きます。自己ゆう着テープは、その横幅が半分になるほど引っ張りながら巻くと、テープまき同士がくっつきゴム質になり隙間がなくなります。これで基本的には水が入ることはありません。
 ただ、自己ゆう着テープは弱いものなので、穴や亀裂が入る可能性があります。
 その上から、丈夫なビニルテープをぐるりと巻きましょう。
 これで万全です。
 その上から筒(パイプ)をかぶせるわけですが、あまり沢山巻きすぎて、筒に入らないというのはよくあることです。気をつけましょう。
 ちなみに、ゆう着、ビニルテープを巻く前に、ケーブルに筒を通しておくのを忘れないように。


 

同軸ケーブルは、GPアンテナの下で、30cmから50cmくらいの輪を作って、ビニルテープでマストに固定しましょう。直接コネクターにケーブルの負担を軽減することが出来ますし、送信電波を若干きれいにする効果があります。
 
 ケーブルを室内に引き込む時、ケーブルを伝わって屋内に雨が入らないよう、ケーブルを少したるませたり、一度少し上へ持ち上げてから入れるなど、工夫しましょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。