スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンディ機ってなあに?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
●アマチュア無線のみならず、よくハンディ機という言葉を耳にすることと思います。
 ハンディ機とは無線機のみならず『手に持って使用する』機器の総称をいうようです。
 アマチュア無線の世界では、ハンディトランシーバー。手に持って送受信できるリグ(送受信機・無線機)のことを言います。
 本書では特に断りのない限り、市場のハンディ機の過半数を占める144/430MHzFMでの送受信が出来る無線機をさします。

●ハンディ機は『小さくて』『どこでも使用可能』です。
 比較的低価格で手軽に近距離との交信が簡単に出来るので、はじめてアマチュア無線のリグ(無線機)を購入しようという方にもお勧めです。

●具体的な性能や特徴については、Q1-2以降をご覧下さい。








ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


スポンサーサイト
Q1-2 特定小電力とどこが違うの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「アマチュア無線のハンディ機って、スキー場とかキャンプ場とかレジャー地で、みんなが持っているトランシーバーのことなの?」 

●アマチュア無線のハンディトランシーバーによく似たものに特定小電力があります。
 特定小電力とは一般的に『トランシーバー』と呼ばれています。
 アマチュア無線と異なり、免許資格不要で使用できます。

 ちなみに『トランシーバー』とは本来、送受信機という意味で、免許不要の特定小電力だけを指すものではありません。しかし、一般には「トランシーバー下さい」と言われたら、まず特定小電力のことを意味しているようです。本来は、アマチュア無線のハンディ機もトランシーバーですけど。

●さて、アマチュア無線のハンディ機、特定小電力。
 型番を知らなければ、一見しただけでは、その区別は難しいと思います。
 そのくらい似ているんです。(厳密には特定小電力のアンテナは取り外し、改造などが法律で禁止されているので、本体に接続されています。アマチュア無線のハンディ機はアンテナの取り外しが可能です。その点を見れば、見たことのないモデルでも、特定小電力か否かの判断が出来ますが……)










ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q1-3 ハンディ機の特徴は?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 「免許取得しました。最初の一台を購入しようと思うんだけど、ハンディ機にしようか、車に設置するモービル機に使用か迷っているんだけど?」「ハンディ機の特徴を一言で言うと?」

●ハンディ機の最大の特徴は『小さく持ち運びが出来る』ということです。

 一方で最近のモービル機はボディが小さくなりましたが、だからといって、電池を内蔵していないので、やはりフィールド(野外)でのお供というわけにはいかないのです。

 登山、狩猟、ピクニック、スキー、遊園地、キャンプ、スキー、パラグライダーなどなど。
 いつでもどこでも活躍できるのがハンディ機の一番の特徴です。

●第二の特徴。ハンディ機はオールマイティーに使用することが出来るという点です。

 例えば、ハンディ機のホイップアンテナを外して、車のアンテナからつなげてあるケーブルにハンディ機を接続する。シガーライターから電源を取る。すると、モービル機のかわりに車載機として活躍することが出来ます。
 また、自宅に持ち帰って、ベランダのアンテナからつなげてあるケーブルにハンディ機を接続する。コンセントから安定化電源をつないで、外部電源端子に接続すれば、ホームユースにも十分に対応することが出来るのです。
 一台で何でも出来る。そのオールマイティーさがハンディ機の特徴の一つです。

 うーん、こう考えると、ハンディ機は万能?ハンディ機だけで足りてしまうと考えてしまうのですが、
もちろん弱点もあります。詳しくは、次で。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q1-4 ハンディ機の弱点は?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「ハンディ機はオールマイティに使用できると聞きました。だったら、悩むことなくハンディ機を購入したらいいんでしょうか?モービル機ってあんまり意味がないの?」

●ハンディ機とモービル機、どちらがいいか。
 一番大きな違いはそのパワー(送信出力)です。

●ハンディ機はどんなに頑張っても約5~6Wが限界です。
 モービル機は4級の資格で20W、3級の資格であれば、最大50Wに近いパワーを得ることが出来ます。
 ハンディは5~6Wが最大ですから、モービル機20Wとは4倍近いパワーの差がうまれるわけです。

 もっとも、パワーの4倍は交信可能距離にして4倍をあらわすわけではありません。
 実際の交信では、電波の反射もあれば、見通し距離計算も必要になります。
 しかし、それでも、アンテナなどの条件を同じと仮定しても、おおよそ二倍程度の違いは生じる可能性があります。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q1-5 交信距離はどのくらい?交信距離をのばすにはどうしたらいいの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「ハンディ機ってどのくらいの距離で交信できるんでしょうか?。交信距離を伸ばすことは出来ないの?」

●ハンディ機同士の交信距離を数字で言い表すことはなかなか難しい。
 一般には1~2Kmと言われています。

 「1Kmと2Kmは倍違うじゃないか?」「そんな短距離しか届かないの?」「私のはそれの何倍も交信できるよ」
 いろいろな声が聞こえてきそうです。少し距離の話を……。

 ハンディ機のパワーは、最大で5~6W。
 しかし、ハンディ機を使用される環境によって交信距離は大きく左右されます。

 交信を妨げる一番大きな要因は障害物。つまり相手との間に建物があれば、電波はそれにぶつかり、相手まで電波が届かないのです。ですから、市街地での使用や、建物の中と外の使用では、1Kmも離れていないのに交信できないという状況も想定できるわけです。

 逆に、例えば、高山に登った場合、眼下の地域との間にはほとんど何も障害物はありません。
 その場合、わずか1W以下でも、10Km以上の交信が楽々可能になります。もっとも山の裏側の相手など、結局、相手との間に障害物があれば、高い山に登ってももちろん効果はありません。

 ですから、1~2Kmの交信距離というのは、あまりあてにならない、単なる目安に過ぎません。

 

●1~2Kmの交信距離で十分という方もみえるでしょうし、それでは全然足りないという方もみえるでしょう。

 なんとか交信距離を伸ばしたい。誰でも考えることです。

 安定化電源など外部から電源が取れるハンディ機は外部からの電源を使えば、若干送信出力が上がるので、若干は交信距離が上がるかもしれません。しかし、長期的に見れば、それほど大きな影響がないことは、前項で説明しました。それにハンディ機ですから野外では安定化電源は使えないかもしれません。

 もちろん、見通しのよい場所を探して、その場所に移動するというのも手です。場合によってはもっとも有効な手段かもしれません。しかし、いつもいい場所があるとは限りません。

●安定的に交信距離を伸ばしたいという方は、アンテナの交換をされることをお勧めします。
 三十センチ前後のアンテナに付け替えれば、随分と交信距離は変わるでしょう。詳しくは、また後ほどご説明します。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。