スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-1 いくつもバンド(周波数帯)があるんですけれどどれにしよう。バンドそれぞれの特徴は?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
●ハンディ機市場は、アマチュア無線の中で最も機種が多く、様々なタイプが並ぶ華やかな分野です。

 昔ながらのオーソドックスなスタイルのものから、超個性的なモデルまで、様々。
 かつては半年ごとにニューモデルが登場し、新しいモデルと古いモデルが乱立している状況もありました。最近は携帯電話の影響もあり、一時期ほどの勢いはありません。多くのメーカーが売れ筋にしぼって生産を進めており、かつてほど多くの機種が市場に並ぶと言うことはありません。

 しかし、それでも、主要な四社の現行ハンディに限っても、軽く三十種類は越すでしょう。

 さあ、その中から自分の用途にあった一台を選択することになります。
 カタログを見たり、実物を触ってみても、なかなか決めきれないかもしれません。

●そこでまず、最初の一台を決めるためのいくつかのポイントを考えてみましょう。
  
●第一にチェックしなければならないのは、使用できる周波数帯です。

 カタログにしても店頭にしても、必ず周波数帯が機種名の近くに書いてあるはずです。
 50MHz、144MHzや430MHz、1200MHzという周波数帯が一つだけ書かれたシングルバンドハンディ。
 それら二つを組み合わせたデュアルハンディ。三つを組み合わせたトリプルハンディ。そして、4バンドハンディなどがあります。

 使用周波数帯が違えば、その相手とは交信することが出来ません。144MHzのシングルハンディと、430MHzのシングルハンディでは交信することは出来ません。ですから、交信したい相手と同じ周波数が使えるハンディを手に入れなければなりません。

 すでに先輩や友達がアマチュア無線をはじめられていれば、使用周波数帯については必ず相談しておくようにして下さい。また複数の知り合いがいて、複数の周波数帯を使用している場合、最大公約数的に、すなわち、全員と交信できるように、全部が含まれるように、周波数帯を決めることになります。

 「友達と二人ではじめたよ」「これから友達を見つけるんだけど」「奥さんとはじめて使うんだけど」この場合、二台の周波数帯が同じであれば基本的に問題はありません。

 しかし、具体的にどの周波数帯を選ぶべきか、少し考えてみましょう。

 周波数帯はそれぞれに電波の飛び方が少しずつ異なるために個性が違います。しかし、同時にその地域のアマチュア人口によっても使用形態に違いがありますので注意が必要です。

 

●144MHzについて。
 まず一般的に言えば、周波数帯の数字が大きくなればなるほど、交信距離は短くなります。
 つまり、1200MHzよりも430MHzの電波はよく飛びますし、430MHzよりも144MHzの電波はよく飛びます。 ですから、144MHzというのは、FMハンディ機の場合、一番交信距離が伸びる周波数帯と言えるでしょう。(50MHzは少し状況が異なるので後述)
 チャンネル数は430MHzや1200MHzと比べると少ないため、アマチュア無線人口の多い地域では『混雑』していて使いにくいこともあるでしょう。
 逆に、人口の少ない地域では、交信距離の劣る430MHzを使用する局が少ないため、必然的に144MHzをメインに使用するということもあります。
 また、山で道に迷ったときなどは、もっとも交信距離が長く、誰かが受信してくれる可能性が高いため、144MHzが重宝されるかもしれません。

●430MHzについて。
 144MHzが混雑してきたため、多少交信距離が短くなっても、混信の少ないバンドで運用したいということで使用されることが多いようです。
 レピータ運用(中継基地によって、双方の電波を中継してもらい、交信距離を伸ばす運用)も可能です。
 チャンネル数も144MHzよりも多く、多くの都市ではFMメインバンドとして運用されています。
 一時期はそれでも混雑がひどい地域もあり、それらの地域では、さらに上の1200MHzが使用されました。
 最近は、携帯電話の普及により、身近な連絡などの使用が減り、一般的には430MHzの混雑は随分解消されたように思います。

●1200MHzについて。
 一部の都市で430MHzが混雑したことによって、より広く、より空きの多い1200MHzが使用されるようになりました。
 それでも、交信距離は明らかに144MHzや430MHzと異なり、ハンディ機では見通し距離程度、モービル運用でもなかなか20Km程度の交信距離がかせげないという状況があります。
 レピータも使用できます。
 また、一時期は1200MHzのリグは144/430MHzのリグに比べ、高価で扱いが難しく、周波数ずれなどの技術的トラブルに見舞われることも多くありました。1200MHzという高い周波数で多くのパワーを安定的に生み出すというのは難しい技術なのです。最近は安定した性能で低価格の1200MHzの無線機が普及してきました。
 しかし、430MHzの一時的な混雑も解消されてきたので、それほど多くの局が使用しているバンドではありません。今後もその傾向は変わらないでしょう。

●50MHzについて。
 50MHzの地表波は144MHzほど飛びません。
 その代わりに電離層反射を使った交信が可能になります。
 空に一度反射させて遠距離と交信するというものです。144MHz以上の周波数帯においては電離層を突き抜けてしまうため、交信には使用できなかったのですが、50MHzではそれが可能になります。
 もっとも、電離層反射は、電離層の状態によって電波の飛距離に大きな差が生まれます。
 一般に春先から夏にかけてはよいコンディションですが、それ以降、冬にかけて、電離層反射は使用できなくなります。
 ですから、50MHzは通常の交信に使用する場合、144MHzほど電波は飛びません。
 ただし、季節によって電離層反射を使用すれば、ハンディ機でも飛躍的な飛距離、例えば、中部地方から北海道など、を体感することが出来ます。



●さて、簡単に周波数帯のそれぞれの特徴を説明した上で、実際に購入する場合のお勧め周波数帯を考えてみます。

 仲間がすでにアマチュア局である場合はそれに準じて下さい。

 各周波数帯の雰囲気を理解した上で自分にはこれが向いていそうだというものがあればそのバンドが使用できるハンディ機を購入して下さい。
 しかし、あまり聞いてもぱっとしない、よく分からない、という方もみえると思います。

 そういう場合は、144MHzと430MHzのデュアルバンドハンディをお勧めします。144/430MHzの2つは、ほとんどの人が少なくともどちらかでは交信が出来るものです。
 すなわち、50MHzや、1200MHzを使用する人のほとんどは同時に144/430MHzを連絡用に使っているからです。またハンディ機の中でももっとも売れるジャンルですので、価格的にもお値打ちですし、どのような使い方も出来る、いわゆる『つぶしがきく』ということもあります。
 参考にしてみてください。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


スポンサーサイト
Q2-2 同時受信、デュオ、切り替え式ってどう違うの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「とりあえず、144/430MHz二つが使用できるハンディにしようと思うのですが……。」

●とりあえず、二つが使用できるハンディにしようと決めても、まだ周波数帯について考えなければならないことがあります。
 従来からある『デュアルバンド』タイプにするべきか、最近はやりの『切り替え式デュアルバンド』タイプにすべきかです。

 デュアルバンドタイプは、同時受信タイプとも言われますし。切り替え式デュアルバンドタイプは、メーカーによって、デュオバンドとも言われていますが同じ意味です。



●従来からあるデュアルバンドハンディは、144MHzと430MHzを同時に受信することが出来ます。受信時は144MHzのチャンネルの一つと430MHzのチャンネルの一つを受信しておくことが出来ます。さらにUUVV機能搭載のモデルは、144MHzの二つのチャンネル、もしくは430MHzの二つのチャンネルを同時に受信することも出来ます。
 また、基本的に、一方のチャンネルで送信していても、もう一方のバンドを受信することが可能です。
 数年前までデュアルバンドハンディといえば、もちろんこうした形式のものを指していました。

●切り替え式デュアルハンディは、144MHzと430MHzをバンドスイッチで切り替えて使用します。現在使用している一方のバンドしか、送信及び受信が出来ません。
 登場は近年のことです。
 当初、ハンディ機の技術革新はいかに高性能、多機能なモデルを作るかという競走でした。
 しかし、バブル崩壊後から、本当に必要な機能を厳選して、お買い得なモデルをいかにバランスよく作るかという方向に転換されてきました。
 切り替え式デュアルは従来のデュアルバンドよりも、軽く、小さく、低価格で作ることが出来ます。
 また、使用する際も、実質的には2バンドが使用できれば、同時に使用する必要はないというユーザーの立場をよく理解したものであったと思います。
 シングル機では、いざという時、もう1バンドが必要になるかもしれない。
 でも、デュアルバンド機は大きくて重くて操作も複雑。
 切り替え式デュアルバンド機は、ちょうどその中間ということで、爆発的にそのシェアを拡大していきました。



●切り替え式デュアルバンド機は、もちろんカタログのどこかに記載があるでしょうが、パネルを見てみればすぐに分かります。
 デュアルバンドは2波の周波数を表示できるようになっていますが、切り替え式デュアルは切り替えて使用しますから、一般的には一つの周波数しか表示できません。

●ということで、これからは切り替え式デュアルがさらに勢力を増すものと考えます。
 従来のデュアルバンド機の需要というのは、144MHzと430MHzどちらにもお友達がいて、絶対に両方を同時に受信しないと困るんだという人ぐらいでしょう。
 もっとも切り替え式デュアルでも、使用する幾つかのチャンネルをメモリーに入れて、ぐるぐると回して受信することも出来ますし、一方を使用中にもう一方のバンドものぞいてくるという機能など、片方だけの受信では困るという人にも対応がすすんでいます。
 現実的には、通常の使用において、切り替え式デュアルで困る人はほとんどいないだろうというのがわたしの意見です。
(※メールにてご意見いただきました。ありがとうございます。本文の、「通常の使用」とはあくまでもアマチュア業務のみを考えた場合です。レシーバーとしての用途を兼用させようという方などは、完全に独立したデュアルバンドの方が使い易いであろうとのこと。また、多くの方がハンディ機を、レシーバーとして活用することが多く、切り替え式デュアルのみでは対応できないとのことでした。どうぞ参考にしてみて下さい)

 低価格で、小さく、軽く、簡単操作、電池のもちもよく、人気もある。とりあえず、切り替え式デュアルをチェックすることをお勧めします。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q2-3 パワー(送信出力)はどのくらい必要なんですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「お店で見てきました。小さいボディのものは300mWくらいのパワーですね。大きいものは外部電源をとると6W、本体だけで5Wのパワーを持つモデルもありました。ハンディ機のパワーってどのくらい必要なのでしょうか?」


●ハンディ機はボディサイズが大きいものから小さいものまで、また送信出力(パワー)も大きいものから小さいものまで様々です。
 ボディサイズは小さくて、パワーは大きいほうがいいに決まっているのですが、なかなかそうもいきません。
 パワーが大きければ、電池の持ちも短くなるという問題もありますし、実際、ハンディ機としてパワーはどのくらい必要なのか、考えなければなりません。

●一般にカタログには最大出力しか記載されていませんが、Q1-4でも書いたように、そのパワーが継続するのは一時的なものです。十分も二十分もそのパワーが連続して出ることはありません。
 ですから、パワーが大きい小さいを過大に評価するのも考えものです。

●しかし、同時にどうしてもパワーが欲しい、もう少しパワーがあったら助かるのに、という局面も存在します。
 長時間の交信をする必要はなくても、連絡事項を短時間で交信したい。もう少しパワーがあればいいのに。
 そういうケースも十分に考えられます。



●お店の立場から、お客さんによく相談されることなのですが、これは本当に答えにくい問題なのです。

 結局のところ、どの程度のパワーがいるのかは、その人のハンディ機の使用『用途』とこのくらいのパワーならばこの程度交信できるという『経験』で決定するしかありません。
 最初の一台を選ぶ際に『経験』を持ち出してしまうと反則なのですが、残念ながら、その辺りは使ってみないと説明できない部分なのです。申し訳ない。
 一緒に活動する先輩や同僚の方で、すでにハンディ機を使用している方に事前に相談しておくとよいと思います。

 ただ、当店では、『用途』によって、おおむね、次のようにアドバイスしています。
 個々の条件を聞いた上で、判断がつかない場合は、その用途が、レクリエーション使用であるならば、電池使用時1~2W程度のもので小さく扱いやすいものをお勧めします。
 その用途が、なくてはならない大切な内容を伝達するものであれば、できるだけパワーの大きいものをお勧めします。例えば、冬山に登る時に使用するけれど、交信できなければ、いざという時に本当に困る。そんな場合です。

(メールにてご意見いただきました。ありがとうございます。当初、ハンディ機を業務や仕事で使用する場合というような記述がありましたが、アマチュア無線は業務や仕事には使用できません。実際、以前は業務連絡などにアマチュア無線を使用して、トラブルとなることがありましたが、最近は、携帯電話の普及などにより、アマチュア無線と業務連絡は明確に区別されてきていると思います。仕事での連絡につきましては、距離と用途に応じて、各種の他無線装置を使用されることをお勧めします。)

 つまり、レクリエーション用途であれば、やはり使いやすさが一番大切。
 距離が開いて聞こえなくて困るよりも一般的な使用で重く使いにくいものの方が不便なものです。
 交信できない距離に離れてしまった場合はあきらめるしかありません。もっとも、1Wも5Wも十分使用すれば交信距離に大差はありません。
 そう思ってあきらめてもらいます。

 逆に、本当にハンディ機を頼りに考えている場合は、重いとか、ボディが大きいなどとは言ってはいられません。
 少しでも、たとえ感覚的な違い程度であっても、交信距離が伸びるハイパワーのハンディを使用することのメリットの方が大きいと思うのです。

 もちろん、これは最終的にはお客様の判断で決断する必要があります。
 他のハンディ選びのポイントも考えあわせた上で、決定することになるでしょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q2-4 外部電源が取れた方がいいよって聞いたんですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「外部電源が取れるってどういうことですか?取れる機種、取れない機種というのは?」

●外部電源とは、ハンディに内蔵して使用する電池電源以外に、ハンディの外から持ってくる電源のことです。
 家庭で使用する安定化電源や、車のバッテリーのことを外部電源といい、そこから電源をひいてくることを『外部電源を取る』といいます。

 ちなみに、家庭用のコンセントからは交流しか取れません。アマチュア無線機は全て、直流で動きます。そのため、そのままコンセントに無線機を差し込むというわけにはいきません。そこで、交流を直流に直すのが安定化電源です。車のバッテリーは直流の13.8Vですので、無線機の方さえ対応していれば、そのまま直結することができます。

 ハンディ機は、当然、ハンディ単体で手に持って使用するわけですから、単三電池なり、ニッカド電池なり、リチウムイオン電池なり、とにかく電池で使用できるのは当たり前です。

 同時に、ハンディ機には外部電源から電源をとることができるモデルとそうでないモデルがあります。

 使用できるハンディ機には、 13.8V入力可能、12V入力可能という記載がありますし、カタログのオプション欄には、シガーライターなどから電源をとるためのケーブルが別売りされているはずです。(2000~2500円程度)
 入力可能の文字がない、もしくはオプションにそれらのケーブルがないという場合は、残念ながら外部電源から電源をとることは出来ないということになります。



●外部電源から電源が取れるとハンディ機の用途の幅が大きく広がります。

 例えば、ハンディ機をスキーなどで使用するにしても、現地までの車移動中に交信したいと思いませんか?
 そんな時、シガーライターから電源を取ることが出来ればどうでしょう。
 その間の電池の消耗を気にすることなく、交信を続けることが出来ます。

 また、自宅に帰ってから、のんびりと近所の友達と交信しようとする時はどうでしょう。
 毎日のことなのに、電池の残量ばかり気にしていては、のんびり交信も出来ません。
 しかし、安定化電源と電源コード、もしくは付属のACアダプターがあれば、そのままコンセントから電源をとることが出来る。これは魅力的といえます。

(付属のACアダプターはニッカド電池充電専用に作られている場合もあり、その場合は、安定化電源のかわりには使用できません。容量が小さすぎるので、受信くらいはできても、電流を沢山使用する送信は出来ないというわけです。その辺りはお店に聞いてみましょう)

●もう一つ、外部電源利用には大きなメリットがあります。
 それは、電池使用に比べてパワーが増大するということです。
 一般に単三電池四本では直列に四本つないだとしても、6V、1~2Wの出力しか作り出すことは出来ません。
 しかし、外部電源は、12V。5~6Wの出力を作り出すことが出来ます。
 もちろん、長時間のハイパワー送信に対してはハンディ機がもつ保護回路が働き、パワーは低下しますが、少なくとも電池運用よりは交信距離が伸びるわけです。これは大きなメリットといえるでしょう。

●以前は小さいボディのハンディ機は外部電源が取れず電池運用専用。大きなボディのハンディ機は外部電源を取ることが出来るという『公式』がありました。
 しかし、最近は小さくても外部電源使用可能なモデルが登場し、その公式はすでに当てはまらなくなりました。
 持ち運び専用に使うのであれば、もちろん外部電源が使用可能である必要性はありません。、
 しかし将来ハンディ機をどこでどんなふうに使用するか分かりませんよ。もちろん、使用できるにこしたことはありません。

 今後はますます外部電源使用可能なモデルが人気上位を占めるように思われます。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q2-5 各メーカーの特徴みたいなのがあるんですか?基本性能は違うの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
●現在、主要なハンディ機製造販売メーカーを挙げると、アイコム・ヤエス・スタンダード・ケンウッドなどでしょうか。
 スタンダードはヤエスに合併されました。三社でハンディシェアのほとんどを占めていると考えてもいいでしょう。他にアルインコなどもハンディ機をつくっています。

●まず、各社の特徴を一言ずつ。
 もちろん機種によっても違いますので全て当てはまるわけではありません。
 デザインの評価などは私的なものですので悪しからず。

●アイコムハンディ。
 オーソドックスなハンディ機です。
 昔からハンディ機はアイコムと言われるほどのシェアを誇っていました。
 最近はヤエスの新型ハンディに押され気味です。
 操作性がよく比較的簡単に操作できるため、誰でも一台目のハンディとしてお勧めできます。
 値段も比較的お値打ちなものが多いのが特徴。
 ただ、ボディデザインもオーソドックスなところが難点。ケンウッドやスタンダードの一時期のナイスデザインのハンディ機に比べると、デザイン的にはヒット作が少ないように思います。
 ボディの強度や造りも、ヤエスのフィールド使用を全面に押し出したハンディに比べると、難点といえるでしょう。



●ヤエスハンディ。
 スタンダードのハンディ機制作技術陣を迎え入れてぐっとレベルアップ。
 今やハンディ市場を半独占状態のVXシリーズはヤエスとスタンダードの技術陣の技術のたまもの。
 今やハンディ市場はヤエスの独壇場。他メーカーの追撃を迎え撃つ状態です。
 ヤエスはこれまで、ハードな使用にも耐えるボディの作りが魅力でした。多機能モデルが多いのですが、同時に取扱説明書も難しく、とっつきの悪いモデルが多かったように思います。
 使い慣れれば便利な機能が多かっただけに残念だったところ。
 しかし、最近のモデルは多機能とシンプルがうまくマッチしていい感じです。
 もちろん技術力もあります。
 今後当分は『ハンディ機のヤエス』と言われる日々が続くでしょう。

●ケンウッドハンディ。
 世界的なシェアナンバー1を誇ったこともあるケンウッド。
 携帯電話、ステレオなどなど『音』関係では力を発揮するブランドです。
 しかし、様々な分野を抱えるだけに、アマチュア無線の不況に対して、力を別の分野に配分して乗り切る模様。
 TH-79などヨーロピアンで美しいデザインと、携帯電話で培われた送受信性能の高い安定性があるにも関わらず、最近はこれぞという新製品が少ないのが残念。シェアも少しずつ、アイコムやヤエスに奪われているのが現状です。
 最近では、特定小電力で大ヒットがありましたが、ハンディ機の新型は発表されていません。
 ケンウッドファンならずとも、新製品が待ち遠しい状況です。



●スタンダードハンディ。
 ミニパワーの超小型ハンディで定評がありました。
 ヤエスと合併、現在は百パーセントヤエスの子会社となりました。
 小さくて高性能なモデルを作る技術があっただけに、ヤエスにとっては大きなメリットとなったでしょう。
 スタンダードハンディは、とにかく小さなボディに多機能を詰め込み、ケンウッド並みの渋いデザインで一世を風靡しました。
 ただ全体的に操作が難しく、キーが小さいので操作性は犠牲にされていたように思います。
 取扱説明書などももう少しわかりやすいものが求められます。
 現在はスタンダード名のハンディが販売されていますが、今後は徐々に消えてゆきます。



●さあ、メーカーの簡単な特徴はお話しました。
 では実際のところ、メーカーによる基本性能の違いはあるのでしょうか。
 ハンディ機の場合、基本性能といえば、やはり送受信の能力。
 交信距離にダイレクトに影響する分野です。
 送信についてはパワーの数値がカタログにあります。ほぼその通りの能力だと考えていいでしょう。では受信はどうでしょう。

●このメーカーの受信性能はよい。あのメーカーはあまりよくない。などなど。
 空の上では様々な情報が飛び交っています。
 全てをいちがいに否定するつもりはありませんが、一般的にいえば、メーカーによる受信能力の差はありません。
 ただ、機種による差は存在します。
 しかし、それは最初に付属するアンテナの長さの違いによるところが多いようです。
 アンテナを別売りのものに取り替えれば、多くは改善されるようです。
 機種による差と同時に一台一台の差も少なからずあります。
 また、その使用場所やその使用方法とそのリグ個体との相性の問題も実は大きな問題です。
 車のシガーライターから電源を取ると雑音が入りやすい個体もあればそうでない個体もあります。
 さらに、周波数帯の中でもここは調子がいいけれど、ここは調子が悪いということもあります。



●受信性能はなんでもかんでも遠距離の電波を拾ってこればいいのか、というとそうでもありません。
 あまりにも受信性能がよいものは、電源などからの雑音も拾いやすく、余分な電波なども拾ってしまいます。

●結論から言うと、たしかに受信性能は具体的な数字で言い表すことが難しい問題です。
 ですが、各社現行ハンディに限って言えば、それほど受信性能に差はないと考えればよいと思います。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。