スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q8-1 モービル機ってなあに?購入するとどこまでついてくるの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
一般にモービル機、モービルトランシーバーと言いますが、カートランシーバーと呼ばれることもありますね。
 車載タイプの(車に搭載して使用する)無線機のことです。
 外見上はすぐに分かりますね。カーオーディオのような箱形をしています。

 ここでいうモービル機とは、FMカートランシーバーを前提に考えています。但し書きがなければ、本文では、もっとも市場台数が多い144/430MHzのデュアルバンドを前提に考えています。
 
 購入するとどこまでついてくるの?
 はい。モービル機は、本体及び、電源ケーブル、取り付け金具、マイクが一式セットされています。ですから、残り、運用に必要なのは、アンテナまわり(アンテナ、ケーブル・基台)ということになりますね。

 さて、モービル機の活躍の場は、ハンディ機の活躍する野外を除く、車内や室内などになります。
 モービル機は本体に電源を付属せず、12Vの電源を外部から配線する必要があります。その点がハンディ機との違いですね。
 配線が必要な点は不便といえますが、いちど配線をしてしまえば、パワーや長時間運用にはハンディ機に比べ大きなメリットがあります。(後述)

 車に簡単に取り付けられるように、最近はボディサイズも随分小さくなってきました。
 またセパレートタイプ(周波数表示部と本体を分離するタイプ)など車に簡単に取り付けられる工夫が見られるのが特徴です。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


スポンサーサイト
Q8-2 モービル機のよさはどこにあるの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 モービル機の特徴、よさは一体どこにあるのでしょう。
 これまで書いてきたハンディ機の特徴と比較しながら考えてゆきたいと思います。

 モービル機の一番の特徴であり、モービル機を使用するメリットは、送信出力が大きいということです。
 モービル機は4級対応モデルで144/430MHz帯ですと20Wの出力が可能です。また、3級以上であれば、50W近い送信出力を持つハイパワーモデルを使用することが出来ます。ハンディ機の場合、パワーが大きいといっても、5Wから6Wほど。モービル機は、およそ4倍から8倍のパワーを誇ることができるわけです。
 これは大きな違いです。パワーが2倍になるからといって2倍の飛距離が実現されるわけではありません。しかし、やはり4倍の違いがあれば、およそ2倍ほどの飛距離の違いが実感できるかもしれません。

 ちなみに、よく誤解がありますが、ハンディ機からモービル機になって送信出力が上がったからといって、受信性能が自動的に向上しているわけではありません。つまり、モービル機はハンディ機より送信能力は上ですが、受信能力が上というわけではありません。むしろ、ハンディ機は受信性能で勝負していますから、受信性能だけを純粋に取り出せば、受信性能はハンディ機の方が上というのはよくあることです。
 ですから、ハンディ機からモービル機に変更すると送信電波はよく飛ぶようになりますが、交信相手がいつもの送信出力のままであれば、交信距離は理論上あまり伸びないことになります。

  

 さて、モービル機の特徴その2、第2のメリットは、ハイパワーを長時間安定的に使用できるということです。
 最近のモービル機はどれも小型化が進んでいるとはいえ、やはりハンディ機よりは大きなボディを持ちます。
 内部に熱がこもりにくいよう、金属の放熱板で空気中に熱を放出し、内部温度を下げます。
 また、ファンを付属し、強制的に熱を逃がすようにしているモデルもあります。
 それら十分な温度対策を施し、何十時間という送信テストをクリアして商品化されてきたのが各種モービル機なのです。
 一方ハンディ機のハイパワーは短時間しか使用できないという点、ハンディ機の特徴の項目で説明しました。
 ハンディ機の長時間運用は、本体の熱、耐久性をうまくコントロールする必要がありました。
 モービル機は、比較的そのような知識やコントロールを必要とすることなく、連続送信が可能です。

 このように見てくると、ハンディ機は便利だけど、やっぱりモービル機もいいなぁと思いませんか?
 ゆったりとアマチュア無線を楽しむには、モービル機は必須といえるかもしれませんね。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q8-3 モービル機の不便なところはどこ?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
Q8-3 モービル機の不便なところはどこ?

 モービル機の不便なところを考えてみましょう。
 
 まず第一に電源を外部からとってこなければならないということです。
 これは当たり前ですね。ハイパワーを長時間使用するために、必要なことですからね。
 この点がハンディ機との大きな違いといえます。

 第二に、モービル機は車載での使用、ハイパワーでの使用、長時間の使用が当然視されるため、反面、それが原因で故障することが多くなります。

 車での運用は、思いの他振動の影響が大きく、モービル機はハンディ機に比べれば強固なつくりとはいえ、やはりトラブルに見舞われやすいといえるでしょう。
 また、モービル機はハンディ機に比べてパワーがあります。ですから、アンテナ類の不調、電源の不調がすぐにモービル機本体に影響を及ぼします。

 例えば、アンテナのトラブルにより電波がうまく出ていかない時、ハンディ機であれば、それほど大きな送信出力を持たないので、ハンディ機に戻ってくるパワーも少なくてすみます。ところがモービル機ですと、何Wもモービル機本体にパワーが戻ってくることになります。気付かずにそのまま使用を続ければ、モービル機故障の原因になるわけです。
 モービル機は、基礎的な知識、経験をもって、正しく使用しないと、そのハイパワーのリスクが自分にかえってくるということです。

 もっとも、それは大きな送信出力を操るということの裏側です。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


Q8-4 自宅には固定機を置くべきなの?モービル機と固定機の違いは?送受信の性能は違うの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
Q8-4 自宅には固定機を置くべきなの?モービル機と固定機の違いは?送受信の性能は違うの?

 ショップやカタログには固定機と呼ばれるHFや50MHzのオールモード機、UV(144/430MHz)の固定機を見ることが出来ます。
 知り合いのうちに行ったりすると、固定機がどーんとデスクの上に置いてあることもあるでしょう。
 やっぱり、自宅には固定機を置くべきなんだろうか?
 そもそも、モービル機と固定機とはどこが違うんだろう?
 そんな疑問が出てくることと思います。

 まず、モービル機と固定機の違いについて
 固定機は据え置き型で大きなボディを持ちます。主に、FMのみならずオールモードで使用できることが大きな特徴です。モービル機は逆に基本をFMとして考え、車載に適するよう小さく取り付けやすく作られています。
 しかし、固定機を車載として使用することも出来ますし、逆にモービル機を自宅に据え置いて使用することも出来ます。
 以前はFMだけの固定機もありましたし、現在は、モービル機といえど、FMのみならず、HFや50MHzオールモードや、UVのサイドバンドでも活躍できるモデルが登場しています。
 現在も大まかな違いはありますが、それら二者の中間あたりの性格の無線機がどんどん登場してきているのが実際です。

 では、自宅には固定機を置くべきなのでしょうか?
 固定機の方が、送受信の性能が上でしょ?FMしかしないけど、もう少し送受信の性能が上がるのならば、固定機欲しい。
 
 かつては、小さいショップにいくと、「FMだけしかやらない予定なんですけど」「自宅には固定機を置くものだよ」そんな会話がなされたりもしたようですが、最近はどうなのでしょうか。
 さて、固定機というとモービル機よりも一般的には高価ですから、FMモービル機よりも、受信、送信、操作性の点で上だと思われる方もみえますが、正確には少し異なります。



まず、受信性能ですが、UV固定機は、FMだけの受信性能であれば、UVモービル機と同等か、むしろモービル機の方が手軽なわりに受信性能はよいでしょう。送信性能はあくまでパワーが同じですから変わりません。操作性もむしろ固定機の方がモービル機よりも複雑になりますから、それほど操作性が上とはいえないでしょう。
 固定機は、FM以外、SSBなどオールモードでの送受新機能にお金をかけています。混信除去や様々な機能は、オールモードで雑音の中から声を拾うためには抜群の力を発揮します。ただ、それら機能はFMではそれほど生かされません。
 FMだけに特化されたモービル機に比べれば、FM使用にはあまり利点がないと言わざるを得ません。
 ですから、当店では、将来もFMしかやらないよ、という方には、基本的に固定機をお勧めしません。
 FMだけであれば、自宅でもFMモービル機で必要にして十分だと思います。

 さて、ただ、やはりSSBをはじめ、オールモードの世界はおもしろい。
 ですから、FMだけでなく、ゆくゆくはそちらものぞいてみたいという方には、もちろん固定機をお勧めしますよ。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。