スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q12-10 同軸ケーブルの引き込みが大変そう?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 アンテナは当然外にありますから、どこかで家の中に引き込まなければなりません。
 固定用ケーブルは全長が長い分だけ、なるべく太いケーブルを使わなければなりません。逆に太い分だけ、それをどう室内に入れるか大変になりますね。
 
 まず、一番多いのはエアコン関連の穴ですね。
 必ずエアコンの周りには室外へ抜ける穴があるはずです。パッキングや粘土などを外せば、そのまま外へケーブルを通せるはずです。あとは、パッキングや粘土を埋め直しておけば完成です。
 それ以外にも換気扇など、各種ケーブルを通している穴があるはずです。
 それを探して一緒に外へ抜けることが出来れば、ベストですね。
 
 新築の場合など、最初からケーブルを埋め込んでしまったらいいんじゃない?
 しかし、ケーブルは次第に劣化するものです。取り替えられるように埋め込むのは問題ありませんが、取り替えられないような設置はしない方がよいでしょう。
 
 少し細めのケーブルを使って、窓の隙間から通すという手もあります。
 ただ、少し窓を開けていればいいですが、やはりぴったり閉じてしまうと、ケーブルをつぶしてしまうことも多いでしょう。つぶしてしまったケーブルは性能が落ちます。
 やはり窓枠を通すのは難しいでしょう。
 かつては、忍者ケーブル、隙間ケーブルという商品もありましたが、やはり使用してみるとなかなかアマチュア無線では実用に耐えません。テレビの受信程度でしたらいいかもしれませんが、アマチュア無線には使えないと考えた方がよいでしょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。