スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q16-1 SWR計って何? いりますか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 SWR計は、第一電波工業やコメット、クラニシ、ダイワなどが作っている測定器です。
 文字通り、SWR・送信出力を計ることが出来ます。

 SWR計があれば、自分の無線機からは本当のところ何Wパワーが出ていて、アンテナまでの間に(ケーブルの中で)どれだけパワーが損失して、アンテナからは何Wが放出されているか。アンテナ・ケーブルにトラブルがないか?そんなことが分かるわけです。
 
 SWRとは、マッチングともいいます。簡単に言うと、送信出力が、アンテナから出ていった量と反射して帰ってくる量のバランスですね。
 アンテナの調子が悪かったり、自作のアンテナでうまく周波数に合わせた長さになっていないと、無線機から出た送信電波はアンテナからうまく出ていきません。それらはケーブルや無線機に帰ってくることになります。つまり、その帰ってくる量が多ければ多いほど、SWRの値は大きくなるわけです。
 あまりにその戻りが多いと、無線機を壊してしまうこともあるのです。
 
 さて、基本的に市販されている144/430MHzのアンテナは無調整で使用することが出来ます。つまりSWRがそれほど高くならないようにすでに調整されているわけですね。ですから、それら調整されたアンテナを使い、市販品のケーブルを正しく使用していれば、SWRは問題ない値になります。SWR計はいらないことになります。
 自作のアンテナの場合は、もちろん必要不可欠です。SWR計とにらめっこしながら調整することになります。
 また、HFのアンテナは、全て調整が必要ですので、その調整の際に必ずSWR計が必要になります。
 
 では、144/430MHzを普通に楽しむだけであれば、SWR計は必要ないのでしょうか。
 確かに、『なし』でも通常は問題なく運用することが可能ですね。
 ただし、いつの間にかパワーが出なくなった、相手の電波がとれなくなった、本体が壊せているのか、アンテナかケーブルの不調なのか?
 そんな時にはSWR計の出番です。
 SWR計なしでは、その原因を探ることも出来ません。
 やはり、アマチュア無線家たる者、自分の送信電波の状況や無線機・アンテナの状況について知っておくべきでしょう。

 本格的にFMを楽しもうと思えば、やはり常備しておいた方がいいと思います。
 
 SWR計は測定できる周波数帯によって型番が分かれています。
 自分の使用している周波数帯が含まれていることを必ず確認して下さい。 













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。