スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q16-2 SWR計の原理。正常な値って?どうなったらいいの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 簡単にSWR計について
 電力を送り出す側(電源)と消費する側(負荷)とマッチングがとれていないと、消費する側では最大のパワーが取り出せません。インピーダンスマッチング(マッチング)がとれていないことによって負荷側(アンテナやケーブル)で電力が反射してしまい、電源側(送信機)へ戻ってきてしまいます。これを反射波といい、進行波と反射波とが違いに干渉し合って、定在波がつくりだされます。この定在波があまりにも大きいと電源側に悪影響を及ぼすこと(無線機の故障などですね)があります。

 そこで、この定在波を計るための測定器がSWR計なのです。定在波の最大値と最小値を比であらわし、両者ともに同じ電圧値であるときは1となり、定在波が全くない状態、つまり理想的な値となります。定在波の検出は方向性結合器といわれるセンサーを使って測定をします。
 
 SWR計はそれぞれ使用周波数範囲がありますので、現在使用している周波数、今後使用する可能性があるものまで含まれるようにしましょう。
 使用時には、無線機本体と同軸ケーブルの間にセッティングするので、本体とSWR計の間に中継ケーブルが必要になります。レンジ切り替えのあるものはレンジにも気をつけましょう。
 セットしたら、送信してみましょう。


 1から2程度までに収まっていればとりあえず問題なしと考えましょう。
 ちなみに、SWR1.5以下というのは、電力のおよそ96%がアンテナから放出される状態です。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SWR計の使い方
20年振りにSWRを測ろうとしてWELZのSWR計を探し出したのですが、測り方をすっかり忘れてしまいました。
 POWR CAL SWR FWD REFなど 切り替えスイッチの使い方など、どなたかお教えくださらんか。
2006/04/12(Wed) 11:53 | URL  | 恥ずかしながら #-[ 編集]
はいはい
POWERは出力(w)測定
SWRはSWR。
お持ちなのはクロスメーター式ということですよね?
FWDは進行波 出ていく出力
REFは反射波 うまく出ていかなかった出力
その交わる部分の数値(その比率)が、SWRということではないでしょうか?
2006/04/12(Wed) 12:35 | URL  | とんとん #-[ 編集]
SWR計の使い方 追伸
 こんなに早くご返事がいただけるとは思っておりませんでした。
 小生の測定器はWELZのSP-420という型番で、クロス式ではありません。説明不足でした申し訳ありません。
 大きく分けて、切り替えレバーがRENGE FUNCTION POWER に分かれており、RENGEは200W 20W 4Wに、FUNCTIONは POWER CAL SWRに、POWERは FWD REFにそれぞれ切り替えられるようになっております。
 まあRENGEは良しとして、アンテナとリグの間にこの計器をつないで、どの切り替えレバーを何処に合わせてキャリアーを出して、次にどのレバーを切り替えるとSWRが測れたか、遠い過去のことですっかり耄碌してしまいました。
 ところでこのWELZという会社はもう無いのでしょうか。
2006/04/12(Wed) 13:50 | URL  | 恥ずかしながら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。