スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-2 同時受信、デュオ、切り替え式ってどう違うの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「とりあえず、144/430MHz二つが使用できるハンディにしようと思うのですが……。」

●とりあえず、二つが使用できるハンディにしようと決めても、まだ周波数帯について考えなければならないことがあります。
 従来からある『デュアルバンド』タイプにするべきか、最近はやりの『切り替え式デュアルバンド』タイプにすべきかです。

 デュアルバンドタイプは、同時受信タイプとも言われますし。切り替え式デュアルバンドタイプは、メーカーによって、デュオバンドとも言われていますが同じ意味です。



●従来からあるデュアルバンドハンディは、144MHzと430MHzを同時に受信することが出来ます。受信時は144MHzのチャンネルの一つと430MHzのチャンネルの一つを受信しておくことが出来ます。さらにUUVV機能搭載のモデルは、144MHzの二つのチャンネル、もしくは430MHzの二つのチャンネルを同時に受信することも出来ます。
 また、基本的に、一方のチャンネルで送信していても、もう一方のバンドを受信することが可能です。
 数年前までデュアルバンドハンディといえば、もちろんこうした形式のものを指していました。

●切り替え式デュアルハンディは、144MHzと430MHzをバンドスイッチで切り替えて使用します。現在使用している一方のバンドしか、送信及び受信が出来ません。
 登場は近年のことです。
 当初、ハンディ機の技術革新はいかに高性能、多機能なモデルを作るかという競走でした。
 しかし、バブル崩壊後から、本当に必要な機能を厳選して、お買い得なモデルをいかにバランスよく作るかという方向に転換されてきました。
 切り替え式デュアルは従来のデュアルバンドよりも、軽く、小さく、低価格で作ることが出来ます。
 また、使用する際も、実質的には2バンドが使用できれば、同時に使用する必要はないというユーザーの立場をよく理解したものであったと思います。
 シングル機では、いざという時、もう1バンドが必要になるかもしれない。
 でも、デュアルバンド機は大きくて重くて操作も複雑。
 切り替え式デュアルバンド機は、ちょうどその中間ということで、爆発的にそのシェアを拡大していきました。



●切り替え式デュアルバンド機は、もちろんカタログのどこかに記載があるでしょうが、パネルを見てみればすぐに分かります。
 デュアルバンドは2波の周波数を表示できるようになっていますが、切り替え式デュアルは切り替えて使用しますから、一般的には一つの周波数しか表示できません。

●ということで、これからは切り替え式デュアルがさらに勢力を増すものと考えます。
 従来のデュアルバンド機の需要というのは、144MHzと430MHzどちらにもお友達がいて、絶対に両方を同時に受信しないと困るんだという人ぐらいでしょう。
 もっとも切り替え式デュアルでも、使用する幾つかのチャンネルをメモリーに入れて、ぐるぐると回して受信することも出来ますし、一方を使用中にもう一方のバンドものぞいてくるという機能など、片方だけの受信では困るという人にも対応がすすんでいます。
 現実的には、通常の使用において、切り替え式デュアルで困る人はほとんどいないだろうというのがわたしの意見です。
(※メールにてご意見いただきました。ありがとうございます。本文の、「通常の使用」とはあくまでもアマチュア業務のみを考えた場合です。レシーバーとしての用途を兼用させようという方などは、完全に独立したデュアルバンドの方が使い易いであろうとのこと。また、多くの方がハンディ機を、レシーバーとして活用することが多く、切り替え式デュアルのみでは対応できないとのことでした。どうぞ参考にしてみて下さい)

 低価格で、小さく、軽く、簡単操作、電池のもちもよく、人気もある。とりあえず、切り替え式デュアルをチェックすることをお勧めします。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。