スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特定小電力トランシーバーについて
2008年12月09日 (火) | 編集 |
  本日は、FMハンディ機によく似た、特定小電力トランシーバーと、受
  信機についてご紹介。
  
  
  お店に行きますと、ハンディ機コーナーにはずらりと商品が並んでい
  ることと思いますが、実は、アマチュア無線用FMハンディ機以外にも
  特定小電力トランシーバーというものがあるんです。
  これ、外見がよく似ているので注意が必要です。
  
  
  そうそう、スキー場や、キャンプ場、レジャー地で、ハンディトラン
  シーバーを見かけることがありますよね? あれはアマチュア無線の
  FMハンディ機でしょうか? ※アマチュア無線機の場合もあります。
  
  
  マクドナルドや、大型のショップでも、従業員さんがヘッドセットと
  共につけている無線機を見かけることもあります。
  あれはどうでしょうか?
  
  
  はい。これが、特定小電力トランシーバーです。(通称 = 特小)
  アマチュア無線機と異なり、免許資格不要で使用が可能。
  また、アマチュア無線は、業務使用が出来ませんが、特小は、業務(
  お仕事)にも使用することが可能なんです。
  
  
  一般には、トランシーバーと言われていますね。
  店頭で「トランシーバー下さい」と言われますと、アマチュア無線用
  のFMトランシーバーなのか、免許資格不要の特定小電力トランシーバ
  ーなのか、実はちょっと迷うところなんですよねえ。
  そうそう、また、インカムと呼ばれることもありますね。
  
  
  最近、効率的な業務のため……ということで、この特小電力はどんど
  んと普及しています。
  当店も、使っているんですが、確かに便利ですからねぇ。
  売っていてなんですが……こんなに便利だとは知りませんでした……
  (笑)
  
  
  業務でも使えて、免許も資格も不要だったら、アマチュア無線用のFM
  ハンディ機よりも、特小の方がいいじゃないか! と思うんですが、
  最大の難点は、交信距離が短いこと。
  アマチュア無線は、さすがに、資格・免許が必要ですから、認められ
  ている出力が違います。
  アマチュア無線用のFMハンディ機は現在5W出力が平均的。
  ものによっては6-7W出力が可能なものも……。
  逆に、特小は、10mWと出力が法律で決まっています。
  10mWですから、0.01W!
  そうですねえ、最大でもその交信距離は1Kmくらいでしょうか?
  一般的には、500mくらいと思っておいた方がよいかもしれませんね。


  また、メーカーさんによっては、同一筐体(無線機のボディ)で、アマ
  チュア無線機と特定小電力トランシーバーを作っているところもありま
  す。
  ですから、一見したところでは、型番を知らない限り、区別はつかない
  んですよねえ。
  
  
  ただ、現在、特定小電力トランシーバーは、アンテナが外れません。
  アマチュア無線のFMトランシーバーは、アンテナを外して、外部のアン
  テナに接続して、交信距離を飛躍的に伸ばすことが出来ます。
  ということで、同じ顔であれば、アンテナが外れなければ、特小なんで
  す。


  受信機の話もしようと思ったんですが、今日はここまで。
  次回は、受信機の話。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。