スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広帯域受信機の話
2008年12月22日 (月) | 編集 |
  前回は、アマチュア無線用FMハンディ機、それから、それによく似た
  顔をした特定小電力トランシーバーについて、まとめてみました。
  
  
  さて、お店屋さんに行きますと、最近は、もう一つ、よく似た顔があ
  るんです。
  一般に、アマチュア無線用FMハンディ機よりも安価なので、「お、こ
  れ、安いな! 」と言って、間違って購入しないように。
  これ、送信出来ませんから!
  
  
  ということで、今日、ご紹介するのは、広帯域受信機(ワイドバンドレ
  シーバー)
  10年ほど前は、こんなにも種類がなかったんですが、最近は、どんどん
  と種類も増えてきて、今では、アマチュア無線FMハンディ機よりも種類
  が多いのではないか……と思うほど、人気のジャンルです。
  
  
  名前のとおり、送信は出来ず、そのかわりに、広い範囲を受信すること
  が出来ます。下は、AMラジオから、FMラジオ、消防無線や救急無線、エ
  アバンド、もちろん、アマチュア無線も受信出来ます。
  
  
  いろいろな受信を楽しむという方もあれば、特定の無線電波、例えば、
  鉄道無線だけを楽しむ、エアバンド(航空無線)だけを聞いて楽しむ、
  という方もいます。
  今後も、このジャンルは広がっていきそうな気配です。
  
  
  そうそう、顔が似ているという話をしましたが、例えば、アルインコさ
  んなどは、アマチュア無線用FMハンディ機、特定小電力トランシーバー、
  広帯域受信機、全て同じ『型』でつくっているモデルもあるんです。
  微妙に色が違うだけ。
  ですから、型番を知らなければ、外見ではほとんど分からないです。
  ちなみに、受信機ですから、PTTボタン(押すと送信になる)はありま
  せん。
  
  
  また、後日、書きますが、最近のアマチュア無線機は、アマチュアバン
  ドでの交信だけではなく、広帯域受信機能がついているものも多いんで
  す。
  例えば、AMラジオ、FMラジオ、消防・救急などは、昔と違って、広帯域
  受信機を購入しなくても、そのままで受信することが出来てしまいます。
  そうしますと、広帯域受信機なんて、不要なのでは? と思うんですが、
  やはり、『餅は餅屋』 いろいろな点で、専用のものには勝てないんで
  す。
  
  
  スキャンのスピードやメモリーの数、操作性や視認性、それから、肝心
  の受信性能などなど。
  ですから、アマチュア無線家の方でも、受信が好きな方は、さらにもう
  一台、受信機を持っていたりするんですよねえ……。
  
  
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。