スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンディ機の特徴について
2009年01月23日 (金) | 編集 |
  あけましておめでとうございます。
  さあ、本日は、ハンディ機(アマチュア無線FMハンディトランシーバ
  ー)の特徴についてご紹介。
  
  
  
  「アマチュア無線の免許を取得しました。最初の一台を購入しようと
  思うんだけど、ハンディ機にしようか、車に設置するモービル機に使
  用か迷っているんだけど?」



  そんな話をよく聞きます。
  そこで、ハンディ機の特徴を考えてみましょう。
  
  
  
  やはり、ハンディ機の最大の特徴は『小さく持ち運びが出来る』とい
  うことですね。最近のハンディ機は、本当に小さいです。
  一昔前は、ハンディ機と言っても、弁当箱くらいの大きさがありまし
  た。片手で持てないくらい……笑。
  
  
  
  こんな話もあります。
  カタログで見ると、小さく感じるのに、どうして、実物はこんなにで
  かいのだろう……とよくよく聞いてみると、外人さんで、特別、手が
  でかいモデルさんを使っていて、本体を小さく印象づけよう。
  今では笑い話ですが、昔はメーカーさんも、いろいろと苦労していた
  わけです。
  
  
  
  さて、今では、パワーは制限されますが、100g前後という軽いモデル
  もあります。本当、技術の進歩はすごいなあと。
  
  
  
  さて、話がそれましたが、一方で、最近のモービル機もやはりボディ
  が小さくなりましたが、それでも、ハンディ機のように小さいわけで
  はありません。また、電池を内蔵していないので、やはりフィールド
  (野外)でのお供というわけにはいかないのです。
  登山、ピクニック、スキー、遊園地、キャンプ、スキーなどなど。
  持ち運びに便利なので、いつでもどこでも活躍できるのがハンディ機
  の一番の特徴です。



  第二の特徴。
  ハンディ機はオールマイティーに使用することが出来るという点です。



  例えば、ハンディ機についているホイップアンテナを外して、車のアン
  テナからつなげてあるケーブルにハンディ機を接続する。シガーライタ
  ーから電源を取る。すると、モービル機のかわりに車載機として使用す
  ることが出来ます。
  
  
  
  また、本体を自宅に持ち帰って、ベランダのアンテナからつなげてある
  ケーブルにハンディ機を接続する。コンセントから安定化電源をつない
  で、外部電源端子に接続すれば、自宅運用(ホームユースとかベース運
  用などという言い方もあります)にも十分に対応することが出来るので
  す。
  
  
  
  アウトドアでも、車でも、家でも、活躍出来る。
  そのオールマイティーさがハンディ機の魅力ですね。



  うーん、こう考えると、ハンディ機は万能? ハンディ機だけで足りて
  しまうと考えてしまうのですが、もちろん弱点もあります。
  
  
  
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。