スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンディ機の用途
2009年06月25日 (木) | 編集 |
 ハンディ機は実に多くの場所で様々な用途に使用されています。


  まず手に持ってフィールドで使用されるケース。
  これがハンディ機の本来の使い方といえるかもしれません。
  スキーやゴルフ、パラグライダーや、遊園地、ピクニック、釣りなど
  など、様々な使用方法があります。
  交信相手と、あれこれと、現状を報告しあったり、連絡をとりあった
  り、イベントがさらに楽しめますよね。
  
  
  そうそう、免許資格不要の特定小電力トランシーバーに比べて、はる
  かに交信距離が伸びるからといって、無免許での運用はダメですよ。
  また、免許を持っていても、お仕事には使用できませんので、注意が
  必要です。
  
  
  そうそう、交信用途ではなく、広帯域受信機のかわりに使用する……
  という方も実は多いですね。もともと免許はないんだけど、デザイン
  が好きなので……、この機能が欲しいので……、というように、様々
  な理由で、広帯域受信機ではなく、ハンディトランシーバーで受信を
  楽しむという方もいますね。
  
  
  さて、最近は、ハンディ機もどんどんと技術が進歩してきています。
  以前は、全くというほどなかった防水性ですが、最近は、防水性が高
  いモデルも登場。水没しても30分までは助かる……なんていう魅力的
  なモデルもあります。
  また、リチウムイオンバッテリー方式が増え、電池寿命も延びて、ま
  すます、アウトドアで使いやすくなってきていますね。
  
  
  また、さらに最新機種では、GPS機能で、自分の情報を相手に送る、
  相手の位置を知る、気象情報のやりとりや、文字情報のやりとりなど
  が出来るようになりました。
  
  
  さらに、ハンディ機は、モービル機のかわりに車での使用、自宅でベ
  ランダからのアンテナに設置して使用など、様々な使用方法が考えら
  れます。


  まだまだ、ハンディ機の可能性はこれから! という感じですね。
  是非、楽しい使い方を発見していってください。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。