スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周波数の話 その1
2009年06月25日 (木) | 編集 |
  いくつもバンド(周波数帯)があるんですけれどどれにしよう。
  
  
  今日から、ハンディ機の選び方について考えてみましょう。
  まず、一台も無線機を持っていなければ、開局も出来ません。※
  車での運用であれば、モービル機を……。
  持ち運ぶ可能性があれば、ハンディ機を選択することになります。
  
  ※ちなみに、開局申請(コールサインをもらう)のためには、無線機
  が必要です。「この無線機を使用して開局したいです……」という申
  請手続きになります。ちなみに、二台目の無線機を購入すると、『変
  更用紙』で、無線機の追加を申請することになります。


  以前に比べますと、種類が少なくなったとはいえ、現在も、いろいろ
  な選択肢があります。
  まずは、周波数帯から見ていきましょう。


  カタログにしても店頭にしても、必ず周波数帯(バンド)が機種名の
  近くに書いてあるはずです。
  50MHz、144MHz、430MHz、1200MHzとい周波数帯が一つだけ書かれてい
  るのが、シングルバンドハンディ。
  それら二つを組み合わせたものがデュアルハンディ。
  三つを組み合わせたトリプルハンディ。
  そして、4バンドハンディなどがあります。
  ※現在、市場には4バンドハンディはありません。昔はあったんです
  が……。


  使用周波数帯が違えば、その周波数帯にいるお友だちとも交信するこ
  とは出来ません。144MHzのシングルハンディと、430MHzのシングルハ
  ンディでは交信することは出来ません。ですから、交信したい相手と
  同じ周波数が使えるハンディを手に入れなければなりません。


  すでに先輩や友達がアマチュア無線をはじめられていれば、使用周波
  数帯については必ず相談しておくようにして下さいね。


  「友達と二人ではじめたよ」「これから友達を見つけるんだけど」「
  家族と、はじめて使うんだけど」この場合、二台の周波数帯が同じで
  あれば基本的に問題はありません。


  さあ、次回は、具体的にどの周波数帯を選ぶべきか、少し考えてみま
  しょう。
  周波数帯はそれぞれに電波の飛び方が少しずつ異なるために個性が違
  います。しかし、同時にその地域のアマチュア人口によっても使用形
  態に違いがありますので注意が必要です。
  
  
  次回は、周波数の話その2です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。