スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-6 ボディサイズもいろいろあるようですが?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「店頭で見てみると、いろいろな大きさのモデルがありますね。やっぱり小さいものの方がいいんでしょ」

●カタログでは数値だけですが、やはり店頭で見てみると、お、これは大きいなとか、これは小さいなと思うことでしょう。
 ハンディ機の筐体(ボディ)の大きさにも随分違いがあることが分かるでしょう。

●一般にはシングル機(送受信できる周波数帯が一つだけ)よりも切り替え式デュアル(二つを切り替えて使用する)、さらにデュアルハンディ(同時受信できる周波数帯が二つ)とボディは大きくなります。

●また、送信出力が大きいものは小さいものよりも大きなボディが必要になります。

 自分にはシングルタイプで十分なのか、切り替え式なのか、デュアルなのか、また、送信出力はどのくらい必要なのか、よく考える必要がありますね。

●また、同じ容積でも形によって随分使い勝手が変わってきます。

 ポケットに入れて使用するのであれば、出来る限り薄いモデルを選ぶべきでしょう。
 カードサイズなどは理想ということになります。
 どんなに小さくても、ずんぐりしたモデルは思いのほか、かさばって使いにくいものです。

 逆にほとんどの時間を手に持って使用するのであれば、ある程度丸い形の方が手になじんでいいかもしれません。
 あまりにも小さいもの、薄いものは、むしろ使いにくいことになります。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。