スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-9 メモリー数はたくさんあった方がいいのですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「メモリーって何?」「メモリーはたくさんあった方がいいんですか?」「最低いくつくらいいるんですか?」

●メモリーとは、ハンディ機に周波数、もしくは、その関連情報を、ハンディ機本体に記憶させたものをいいます。
 メモリーは、携帯電話のメモリーと同じように、よく使用する周波数を本体に記憶させておいて、すぐに呼び出せるようにして使用します。 

●現在のハンディ機は、およそ30CH(チャンネル)そこそこのメモリー数のものから多いものでは400CHなどというものもあります。

 一般的に誰かと交信するだけであれば30CHもあれば十分でしょう。
 逆にそれ以上あっても煩わしいだけでしょう。



●しかし、ワイドバンドレシーバーの機能を搭載したハンディ機の場合は別です。
 多くの周波数を登録してスキャンさせて使用することになると思います。
 100CH以上のメモリー数があった方が便利かもしれません。

●もっともメモリーは単純に数が多くなればなるほど便利というわけではありません。

 携帯電話のメモリーを考えてみましょう。
 登録が名前順で並び換える、検索をすると即座に自分の欲しい番号が表示される。
 もしも、そういった機能がなければ、メモリーは入れれば入れるほど、使いにくくなるでしょう。

 ハンディ機でも、同じことです。沢山のチャンネルをただ順番にどんどん入れていくと、最後はどこに何が入っていたか、これはなんだったのか、また、必要なチャンネルに即座に移動することができなくなります。

 ですから、むしろ、多数のメモリーチャンネルをいかに整理、検索しやすくできるかが、無線機のメモリーの課題といえるでしょう。
 もちろん各社いろいろと苦心しています。
 全体のメモリーをいくつかに区切って、その区切りの中にまた区切りを作る。
 メモリーチャンネルに名前を付けることができる。

 しかし、ハンディ機のディスプレイが小さく、一覧で処理することは難しい。
 まだまだメモリー管理に成功しているとはいえないでしょう。

 今後の改良が期待される分野です。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。