スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-12 アンテナの細さが機種によって違うみたいですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 その通りです。
 現行機種のアンテナ接栓(コネクター)は二種類あります。
 一つは従来からのBNC。新型に比べて一回り大きいのが特徴です。取り外しが、くるりと回して、かちっと突起にはめ込むような形になります。
 もう一つ、こちらはまだ日が浅いのですが、SMAコネクター。くるくるくるくる、接栓の最後まで回転させて固定します。BNCよりも小さいのが特徴です。

「どうして二種類あるの?」「性能は違うの?」「どちらがいいとかあるの?」
 はい。
 では一つずつ。
 当初、ハンディ機といえば、BNCコネクターを使用していました。
 しかし、ハンディ機が小型化するにつれて、コネクター部分も小さいものが要求されるようになりました。
 アンテナ部分のコネクターがごついと、どうしても本体がこれ以上小さくならないところまできたということでしょう。
 
 二つ目。基本的に、送信受信の性能に違いはありません。
 「BNCはコネクターに切れ目があるので、雨に弱いが、SMAは下までねじ込むので、防水だよ」
 そう思われている方も多いようですが、防水ではありません。
 たしかに直接水が流れ込むという事態はBNCに比べれば、少ないかもしれません。
 しかし、防水ではありませんので、ご注意下さい。



 三つ目。さて、ということは、どちらも外見以外には、違いはないということですよね。それが少し違うんです。
 ハンディ機を手に持って使用するだけであれば、どちらも違いはありません。もっとも、ハンディ本体もスリム、アンテナもスリムなモデルの方が使用しやすいのは当たり前ですが。

 しかし、アンテナを外して、外部アンテナにつなげるという場合、少し違いがあります。
 どちらも変換コネクターや変換ケーブル、もしくは、最初からハンディ用に加工されたケーブルセットが必要になりますが、低価格で普及しているのは、BNCコネクターの方です。
 おそらく、BNC用の変換コネクターや変換ケーブルが1000円から1500円程度だとすれば、SMA用変換コネクターや変換ケーブルは、その倍はします。
 ケーブルセットも現在、BNCに比べ、SMAタイプはそれほど普及していません。こちらはSMAの場合、価格よりも商品が揃えられるかどうかを心配する必要があります。

 ですから、外部アンテナに接続するのであれば、BNCコネクターのタイプの方が若干オプションを安く揃えられるかもしれません。

 SMAコネクターを外部アンテナに接続して使用しようと思ってみえる方は、自分に必要なケーブルオプションがそのお店で一式揃うかどうか確認してみる必要があります。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。