スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q2-15 ワイドバンドレシーバー機能ってあった方がいいんですか?何が聞こえるんですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 ワイドバンドレシーバー機能とは、アマチュアバンド以外のいくつかの周波数帯を受信する機能のことです。
 ワイドバンドレシーバー機能は今一種のはやりになっています。

 ワイドバンドレシーバー機能搭載モデルとそうでないモデルがありますが、もちろん、あった方がよいでしょう。どのくらい便利かは、その人の用途によっても異なってきます。
 
 ワイドバンドといっても、機種によって、その範囲は違います。
 一般には、アマチュアバンドの50MHz 144MHz 430MHz 1200MHz、そして、消防、救急無線、FMラジオ、テレビ音声、エアバンド、などなど。警察無線はデジタルなので受信できません。電話関係も違法になります。



 かつては、ハンディ機を受信改造すると受信帯域が広がり、ワイドバンドレシーバー機能も使用できるようになっていました。改造方法はコマンド改造だけで改造が終了するものから、中を空けて、チップを取り付けなければならないものまで様々。近年はハンディ機本体が小型化し、また、本体中を触らなければ改造できないようになったため、受信改造はじょじょに難しくなっていました。
 
 もともとほとんど広帯域の受信性能をもっているのだから、最初から改造なしでワイドバンドレシーバー機能を搭載したらいいのに。さらに、近年は、災害時のため防災無線が聞こえるモデルが欲しい、エアバンドが聞きたい、などの要望も強くなりました。
 そして、最近はワイドバンドレシーバー機能が標準で搭載される機種がちらほら出てきました。
 この傾向は今後も続くでしょう。

 現在のハンディ機も、ワイドバンドレシーバー機能搭載機でなくとも、受信改造してやれば、かなりの広範囲を受信カバーすることが出来ます。



 受信改造すれば、ワイドバンドレシーバー機能搭載モデルはいらないのでは?
 いえいえ。
 受信範囲は、一般にはワイドバンドレシーバー機能搭載と書かれたモデルの方が広い。
 ワイドバンド後の操作性も搭載モデルの方がいい。
 改造機は保証が効かない場合がある。ワイドバンド受信時の性能保証もない。
 などの違いがあります。自分の欲しいモデルにワイドバンドレシーバー機能がない場合は仕方ありませんが、広帯域受信が欲しければ、ワイドバンドレシーバー搭載機を購入した方がよいでしょう。

 さて、注意点を一つ。
 二つの周波数を同時に受信できるモデルは、一方をワイドバンド受信にしておいても、もう一方で、アマチュア帯を使用することが出来ます。
 しかし、一つの周波数しか受信できないモデルは、ワイドバンド受信で聞いている間は、アマチュア無線の方は全く受信できなくなります。ですから、その点は注意が必要です。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。