スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q3-1 私のハンディは生活第2防水。雨くらいは大丈夫でしょう?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 水濡れは、ハンディ機の三大故障原因の一つです。
 一、落下などによる衝撃。
 二、外部電源トラブル。過電圧や逆接など。
 三、そして水濡れ。
 
 質問の答えですが、ハンディ機は○○防水とはいっても、水に大変弱いものです。その時に壊れることがなくとも、確実に寿命が縮まります。使い捨てにするつもりでなければ、雨対策は十分にする必要があるでしょう。

 詳細は、『Q2-11』にも書きましたので、そちらを参照してください。
 本項は、Q2-11とほとんど同じ質問内容なのですが、あえて重複して書きました。
 ハンディ機購入の際、たいへん多く質問を受けますし、故障の際にも、雨に弱いという話を聞いて、驚かれる方が非常に多いのです。
 それだけ、防水性は選択の大切な基準であるということですが、残念ながら、その要望に答えられるようなリグは現時点では存在していないということなのです。

 水濡れの問題については、メーカーの記述にも問題があると思っています。
 ○○防水、○○防沫と書いていますが、それが具体的にどのような防水能力なのか、ほとんど記述はありません。防水といえば、少しくらいは水に濡れても大丈夫。時計でもそうでしょう。水桶に落としたくらいならば、当然大丈夫だという認識があります。 
 各社カタログには、基本的にハンディ機は水濡れに弱いこと、水に濡れれば修理不能になることなどに対する警告がほとんど記述されていません。
 カタログによっては、水滴を浴びた状態で写真に写っているリグもあります。
 ぜひ一考して欲しいものです。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。