スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q4-1 スピーカマイクってあった方がいいですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
  ハンディ用のスピーカマイクは、小さなマイクロホンです。
 本体に接続して、本体からではなく、スピーカマイクで送受信を行います。
 スピーカ内蔵ですから、そこから相手の声を聞くことが出来るわけです。
 3000円程度のものから、5000円ほどでしょうか。
 ちなみにモービル用のマイクの多くは、単なるマイクロホンでスピーカマイクではありません。モービル機本体から音が出るのが基本です。
 
 さて、最近のハンディ機は本当に小さくなりました。
 かつては、ハンディ機は手に持って使用できるとはいうものの、長時間使用するには大変重いものでした。
 受信時はともかく、送信時は、自分の顔の高さまで、毎回ハンディ機を持ち上げなければなりません。短時間の使用であればかまいませんが、ゆっくりのんびり使用する際にはスピーカマイクが必要になったものです。

 以前は必需品とまで言われたスピーカマイクロホンですが、ハンディ機が小さくなった今では必ずしも必要とは言えなくなりました。
 小さなハンディ機であれば、スピーカマイクの方が大きく、かさばるという場合もあります。
 事実、ここ数年でスピーカマイクの売り上げは以前に比べ落ちているように思われます。



  しかし、長時間使用する場合は、やはり、以前の公式はいまだ当てはまるといえるでしょう。
 家庭でのんびりと使用する場合には、やはりスピーカマイクがあった方が便利に使用できます。
 また、車載機としてハンディ機を使用する場合は、外部アンテナからのケーブルがハンディ機までのびてきますので、いちいちハンディ機を動かすのは感心しません。スピーカマイクが必須といえるでしょう。
 野外での使用に関しては原則として必要ありません。そのままハンディ機を手に持って使用すればよいでしょう。しかし、リュックなどにハンディ機をしまって、小さめのスピーカマイクを胸ポケットにつけておくというスタイルは便利かもしれません。その場合はスピーカマイクが必要です。

 さて、スピーカマイクは最初のセットには入っていません。
 ですから、自分で幾種類かあるスピーカマイクから選択することになります。
 一般には純正のスピーカマイクを使用しますが、アクセサリーメーカーのスピーカマイクも使用することが出来ます。その場合、対応機種の確認が必要です。(基本的には、ケンウッドと、それ以外のメーカーという分かれ方をしています。つまり、アイコムとヤエス、スタンダードのハンディ機のスピーカマイクは原則として互換性があることになります。)
 メーカーの純正スピーカマイクも、ケンウッドを除けば、基本的に互換性があることになります。しかし、当然、自社以外の場合、その使用は保証外になるので、お勧めはしません。





  スピーカマイクの性能を考えると、大きいものをお勧めします。
 つまり、内蔵スピーカの口径が大きければ、それだけ相手の声を聞き取りやすくなるのです。
 車での使用や、家庭での使用がメインであれば、小さいスピーカマイクである必要はありません。なるべく大きいスピーカマイクをお勧めします。
 持ち運びをメインに考える場合は、やはり小さいスピーカマイクがお勧めです。

 また、スピーカマイクには、付属機能がついたものがあります。
 アイコムですと、送信ボタンだけの簡単なスピーカマイクから、アップダウン、メモリーvfo切り替えボタン付きのものがあります。さらに、ケンウッドですと、スピーカマイクにボリュームがついたものもあります。本体をカバンにしまって使用する方などは重宝する機能といえるでしょう。
 
 さらに、スピーカマイクは防水ではありません。
 雨に濡れる環境では使わない、もしくは、使い捨てとしてあきらめる覚悟が必要です。
 スピーカマイクの修理は購入と同程度かかり、さらに時間もかかるようです。これは各社修理部門が無線機を中心に考えて設置されているため、部品などの取り置きもなく、工場から取り寄せなければならないという事情によるもののようです。
 故障した場合は、直すべきかどうか、もよりのお店で相談してみる必要があるでしょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。