スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q4-2 ソフトケースはあった方がいいですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 ハンディ機を落下の衝撃や、傷から守るため、各社各機種、専用のソフトケースが販売されています。
 
 ソフトケースは、1,500円から2,500円程度。バッテリーの大きさに種類がある場合は、それぞれのバッテリーに対応した幾種類ものソフトケースがある場合があります。自分の使用するバッテリーの大きさに対応したソフトケースを取得する必要があります。

 以前に比べるとソフトケースの販売数はぐっと減少しました。

 使用に最低限必要なものだけを購入する傾向が強くなったからでしょうか。
 もしくは、ハンディ機も壊れたら使い捨てという傾向が出てきたのかもしれません。
 
 ソフトケースは防水ではありません。たしかに密閉製は高まりますので、しないよりはした方が、防水効果があります。しかし、あまりそれを信頼して使用してはトラブルのもとになります。

 ただ、衝撃という点に関して言えば、ソフトケースは非常に有効です。
 落下は、ハンディ機内部トラブルの原因となると共に、バッテリーケースがかけて使用できなくなる。液晶もれ、液晶われ、アンテナ接続部分の接触不良などのトラブルの原因になります。

 アウトドアでの使用が多い方、落下などの衝撃の可能性がある方は、明らかにハンディ機の寿命が延びます。
 デザイン的にも、純正のソフトケースはそれなりにいい味を出しています。
 ぜひ一度検討してはいかがでしょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。