スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q4-5 メモリー効果って何?メモリー効果の防止策はありますか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 前項でも簡単に述べましたが、メモリー効果とは、少量使用した後充電、少量使用した後充電、これを繰り返していると、その容量を固定されて、だんだんと容量の最大量が小さくなる現象をいいます。
 ニッカド電池をはじめとする充電式電池を使用する場合には避けて通れない問題です。
 ただし、最近のリチウムイオン電池は比較的メモリー効果が少なく、今後ハンディ機の主要バッテリーとなることが予想されます。

 メモリー効果を本来気にするのであれば、必ず毎回バッテリーを使いきり、完全に満充電をする。
これを繰り返すことが必要になります。
 しかし、それはあまり現実的とはいえないでしょう。
 
 むしろ、メモリー効果は避けられないもので、メモリー効果によるニッカド電池の劣化も、一種のニッカド電池の寿命と考えるのも一つの手です。もちろん、使い方次第ですが、メモリー効果を全く気にせず使用しても、普通に使用していれば、一年ほどは十分に持つものです。

 どうしてもメモリー効果が気になるという方には次のような方法をお勧めします。
 月に一度程度、ニッカド電池を完全放電、完全充電してやります。時間に余裕がある場合や、容量が減ったニッカド電池の場合はその作業を二回ほど繰り返してやるとよいでしょう。

 具体的には次のような方法になります。

まず通常使用で容量の減ったニッカド電池を用意します。ニッカド電池はまず容量がなくなると送信ができなくなります。その後受信だけでは時間がかかるので、スケルチを開いて、(ざーという音を出す)完全にニッカド電池を空にします。その後、満充電に必要な時間、充電してやれば完成です。
 ニッカド電池は空にしたまま、あまり時間をおくと、そのまま容量を回復できなくなることがあります。
 ですから、空になったらあまり時間をおかず、充電に入ってください。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。