スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q4-8 ボックス回路ってなんですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 送受信用のマイク・スピーカ(イヤホン)を付属したヘッドセットが各社からオプションで販売されています。
 ヘッドセットの中には、ボックス回路付きとボックス回路がついていないものがあります。

 ボックス回路とは、PTTボタン(送信ボタン)を押さなくても、マイクの近くで話しはじめてやると、送信回路が開き、話し終えると自動で受信に切り替わるという便利なシステムです。
 
 アイデア次第でいろいろと考えられますよね。
 全く、両手がふさがっているという状況でも、送信受信が自動で切り替わるわけですから、なにかの作業をしていて、両手がふさがっている時から、スポーツシーンなど。いろいろと応用できそうです。
 
 さて、ボックス回路の注意点について。
 まず、頭切れ。システム上、声で送受信を切り替えますから、どうしても、話の一番最初の音が送信に間に合わないことがあります。「えー、」とか「あー、」とかをはじめに入れる癖がある人であればもちろん大丈夫ですが、最初は慣れないと、送受信切り替えのタイミングが分からないかもしれません。もちろん、慣れれば別に大きな問題ではありません。
 第二に、騒音の激しい場所では使用が困難です。なんといっても、声で送受信を切り替えるわけですから、それ以上に騒音の多いところでは、送受信が勝手に切り替わってしまうなど、普通に使用できない場合があります。
 一応、レベルの調整が出来るモデルもありますが、それでも騒音の多いところでは対応できないと考えた方がよいでしょう。
 
 また、ヘッドセットなど、ハンディオプション全般に言えることですが、オプションは保証が効きません。
とくにヘッドセットやイヤホンなど、細いケーブルを使用しているものは、何かに引っかけて切れる、もしくは内部が断線した場合、修理することがほとんどできませんので、注意して使用して下さい。

 各社のハンディ機には、オプションで各社純正のヘッドセットが販売されています。ほぼ全機種にボックス回路は内蔵されています。もちろん、通常の『ボタンを押すと送信、離すと受信』というモードに切り替えることも出来ます。
 オプションメーカーからも一部、ボックス回路付きのヘッドセットが販売されているので、そちらを使用されても性能の点ではほとんど差がありません。ただし、メーカー・機種によって、使えないものがありますので、その辺りは注意が必要です。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。