スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q4-10 マイクなしで話せるイヤホンマイクがあるって聞いたんですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 通常、送受信するためには、イヤホン(スピーカ)とマイクが必要です。

 本体を手に持って、本体で送受信する場合は問題ありませんが、本体をどこかに設置して使用する場合、本体をカバンの中に入れてしまう場合などに、スピーカマイクなどのオプションが必要になるわけです。
 しかし、このマイクをどこにセットするかが問題です。普通のヘッドセットや、テレホンオペレーターのようにイヤホンから口元までマイクがのびてくるタイプ、タイピンマイクといって、シャツの襟元などにマイクをくっつけて使用するタイプなどがあります。いずれも、外見上、いかにもそこにマイクがあるという感じで『野暮ったい』と言えばそれまでです。

 そこで、このイヤホンマイク。コメットや第一電波工業から五千円前後で発売されています。
 このイヤホンマイクを使用すれば、マイクなしで送信することが出来ます。
 イヤホンを耳にはめて、送信ボタンを押す。そして、発音すれば、音声を乗せることが出来ます。
 これは、空気の振動によるものではなく、骨伝導といって、骨の振動によって、音を拾うシステムです。
 騒音を拾うことがありませんから、大きなノイズの場面、スキーやバイクなどスポーツシーンで有効に利用されています。性質上、送信音による送受信切り替え(ボックス回路)は使用できません。送信ボタンを押さなければなりません。ロック機能はついています。

 さて、性能そのものは、諸手をあげて、お勧めできるというレベルではありません。

 まず、使用される方によって使用感に個人差があります。
 骨伝導に適した声とそうでない声があるのです。女性の声や比較的高い音の方はきれいに声が送信されるようですが、低音の方は、声が小さくなる、もしくはこもった感じになるということです。
 
 残念ながら、試させてもらってから、購入することはできませんので、運が悪ければ、全く使えないままになってしまう可能性もあります。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。