スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q5-1 ハンディ機を車載機として使用するメリットはなんですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 ハンディ機は、ハンディ機にケーブルを接続、その先を車のアンテナに接続して、モービル機のような使い方をすることが可能です。
 このような使用方法のメリットは、第一に利得の良い長いアンテナを使用することが出来ること。第二に、電源をシガーライターからとることが出来、電池の心配をしなくてもよいことです。
 
 順に説明してゆきます。
 まず、最大のメリットは、モービル用アンテナを使用することができるということです。
 これは送信受信に大きな力を発揮します。
 ハンディ機のパワーは変わらなくても、ハンディ機本体同士の交信距離の十倍以上を実現することも可能でしょう。

 そんなに違うの?
 そのとおりです。交信距離をのばすには、まず、パワーを上げることよりも、アンテナの長さ、高さを確保することです。その点で、モービルアンテナを使用できるということは非常に有効です。
 
 また、車の中にアンテナがあることと、車の外にアンテナを出すことの違いもあります。
 車中で、ホイップアンテナを使用すると、当然、車内で電波が送信されます。すると、車のボディとガラスに遮られて車外の電波は弱くなります。ですから、窓を開ける、窓から顔を出して送受信する。それだけで、交信距離は違うものなのです。もちろん、交通安全の面から、お勧めはしません。しかし、そのくらい、車外へアンテナを出すということはメリットがあるのです。

 第二にシガーライターから電源をとることが出来、ハイパワーで、もしくは長時間、電池の心配をせずにハンディ使用することが出来ます。
 ハンディ機は通常、単三電池4本タイプですと、1~2Wほどの出力ですが、シガーライターから電源をとることが出来れば、短時間ではありますが、5~6Wの送信出力を実現できます。また、電池を消耗せずに使用することが出来るので、長時間のんびりと交信することができますね。

 さあ、いかがでしょう。ハンディ機をもって、車を運転することが多い方は、ぜひハンディ機をモービル機として使用したいと思われるのではないでしょうか?もちろん、パワーや長時間の安定性を考えれば、モービル機の方が上です。
 パワーの違い、飛距離の違いについては、Q1-4などをご覧下さい。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。