スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q5-2 ハンディ機をモービル機として使用する場合、必要な設備はなんですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 まず、基本的には、モービル用アンテナ、そのアンテナを取り付ける基台、そして同軸ケーブル、さらにシガーライターからの電源コード、スピーカマイク、ハンディ機取り付け台などです。

 詳細については、後述しますので、ここでは、その概観だけを見てゆきます。
 まず、ハンディ機のホイップアンテナをはずし、同軸ケーブルにつなぎます。同軸ケーブルは車に基台で取り付けられたモービルアンテナまでのびます。これで、最低限、モービル機のかわりに使用できます。

 ただ、それでは快適な使用とは言い難いものがあります。
 まず、本体を持って送受信しなければなりませんが、いちいち、ケーブルがぶらぶらしていることになります。
 ハンディ機とケーブルとの接続部分にも負担がかかりますし、安全運転の面でもお勧めできません。
 そこで、登場するのがスピーカマイク。本体に接続して、スピーカマイクで送受信します。これで随分と便利になります。
 また、シガーライターから電源が取れるモデルは、シガーライターからのケーブルを購入してもよいでしょう。短時間であれば、電池で使用してもかまいませんが、電池の使い捨てがもったいないという方や、のんびり使用したいという方は、このケーブルを購入しておけば安心です。これは全て純正品がありますから、必ず純正品を使用してください。
 忘れていけないのが、ハンディ機の設置方法です。そのままシートに転がしておいても構いませんが、出来れば、うまく設置できると一段と安心して使用できます。詳細は後述します。

 アンテナ、ケーブル、基台などの選択によっても違いますが、一万円程度で揃えることが出来ると思います。
 次回からは、各設備の詳細を説明してゆきます。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。