スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q5-3 モービルアンテナ、ずらりずらりといっぱあるんだけどどうやって選ぶの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 さて、モービルアンテナ。店頭にはカラフルに包装された各社のアンテナが並んでいることと思います。
 当店もモービル用のアンテナと固定用のアンテナがずらりと並んでいますので、アマチュア無線を知らない方は、「ここは釣り具屋さん?」と間違えられることもあります。

 さあ、モービルアンテナですが、アンテナの選び方には、いくつかのポイントがあります。
一。まず使用する周波数帯を確認。自分の使用したいと思っている周波数帯がそのアンテナの使用周波数に全て含まれていることを確認します。例えば、自分が144/430MHzを使用するのであれば、その二つが含まれたものを購入しなければなりません。せっかく2波使用できるハンディ機を持っていても、シングルバンドのアンテナを購入しては、残り一方は事実上、送受信できません。
 また、1200MHzを含んでいない無線機を使用している場合は、1200MHzを含んでいないモービルアンテナを選ぶべきでしょう。1200MHzを含んだアンテナは価格が高く、コネクターの形や取り扱いなどが若干異なってくる可能性があります。
 また、レピータ対応の文字は書いてあっても書いてなくとも対応ですので問題ありません。
 広帯域と書かれたタイプは、他のアンテナよりも若干、アマチュア帯以外に広く受信が可能です。レシーバー機能をよく使用されるという方、つまり受信機がわりに使用するという方は広帯域対応のアンテナを選ぶというのも一つの手です。ただ、一般には普通のアンテナに比べて高価になりますので、それほど受信に力を入れていなければ、144/430MHzのアンテナを購入しておけば、それなりに他の周波数帯の受信も可能です。

二。さて、周波数帯が決まると、アンテナの長さ選びになります。長さは30cmから2mを超えるものまで。一般に性能は長いものの方が有利です。この辺りはハンディ用ホイップアンテナと同じです。一般には1m前後のものが取り扱いにも便利で、性能とのバランスがよいという理由でよく売れてゆきます。
 ちなみにアンテナの性能は、利得という形で記載されています。基本となる長さから、dB、dBiという単位が使われています。数字が大きいほど受信送信の性能がよいことになります。単位は混在していますが、dBの方が数値が低くなりますので、dBiから2.15ひいた値をdBに換算して比較することが可能です。数字が書いてなければ、数値は0です。
 ただし、あくまでそれらは設計段階の理論値です。現実の飛距離とは必ずしも一致しません。

三。最後にメーカーですが、基本的には国産のメーカーのものであれば、どれも性能的には変わりないと思います。
 現在の市場では、ナンバー1が第一電波工業、ダイヤモンドアンテナ、ナンバー2がコメットだと思います。その辺りでほとんどの種類はカバーできるので、気に入ったものがなければ、二社から選んでおけば間違いはないでしょう。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。