スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q5-5 アンテナの途中にくるくるとかふくらみがあるんですけど
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 はい。そうです。
 アンテナの中間部分には、くるくるとアンテナを巻いた部分であるとか、ふくらんでいる部分があります。
 また、全然そういった部分がないアンテナもあります。あれはなんでしょう。性能に違いはあるのでしょうか。

 おおまかに説明すると次のような感じでしょうか。
 本来、アンテナの長さは、周波数によって決定されます。
 例えば、144MHzを「ツーメーター」もしくは「2m」などと呼びますが、あれは本来、2mのエレメントでちょうど144MHzの電波が送受信できるということなのです。ちなみに、430MHzは70cmになります。
 しかし、そうなると、本来、各周波数帯にマッチするアンテナの長さは一種類しか作ることが出来ません。
 そこで、コイルなどで短縮して、短い長さでも、その周波数帯で使用できるようにしているのです。
 「くるくる」や「ふくらみ」はそのためにあります。
 ですから、基本的にそれらは各周波数に長さを合わせるための部品だと考えればよいでしょう。
 それ自身がついているかいないかによって性能が変わるわけではありません。
 各社、皆さんが様々な長さから選べるように長さをいろいろと調整している結果がついているというわけです。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。