スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q6-2 最初のアンテナはどうやって決めたらいいでしょう?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 国家試験の頻出部門で、アンテナの種類や特性を覚えたことと思います。
 しかし、いざはじめようとすると、なかなかテスト知識だけでは選べないものかもしれません。
 選択肢としては、モービルアンテナを代用して使用しようというものから、八木アンテナ、GPアンテナ、周波数帯によっては他様々な方法が考えられます。
 もちろんどれを使用しても構いませんが、まずは、無指向性のグランドプレーンアンテナ(GP)をお勧めします。基本的には一本の棒状のアンテナを垂直に屋根に設置することになります。取り扱いも一番簡単で基本的ですから、スタートにはもってこいです。
 将来はFMのみならず、SSBも使用してみたい。もしくは特定の地域だけと交信したい。山などがすぐ近くにあって一方向しか使用できない。そういった方には八木アンテナという方法もあります。しかし、GPアンテナの設置と矛盾するものではありません。まずはGP。そして、グレードアップの方法として八木アンテナを併用してゆくのが理想でしょう。

 さて、具体的な選び方は、モービル用アンテナの選択とほぼ同じです。
 使用する周波数帯を選びます。1200MHzが含まれるアンテナは高価で特殊なものになりますから、使用周波数に1200MHzが含まれていないならば、GPも1200MHzを含んでいないものを選びましょう。

 長さは、およそ1mから7mまで。やはり長ければ長いほど性能はよくなりますが、扱いが大変になります。
 一般には、1m程度のアンテナ、もしくは、本格的にやりたいという方には4m前後のアンテナが人気です。
 アンテナを購入した後、もう少し性能を上げたいという場合は、マストでかさ上げして送受信の性能を上げることが出来ます。(物干し竿のようなパイプの上にアンテナをつけることによって、より地上高を上げてやる)

 アンテナ市場では、第一電波工業(ダイヤモンド)、コメットが一番人気。続いて、北辰産業(マルドル)や、他メーカーが続きます。その辺りのメーカーのものでしたら、どれも性能は安心です。自分が扱える長さを選べば問題ないでしょう。

 GPアンテナにつきましては、後述、モービル機の自宅使用の項で詳しく書きますので、そちらもご覧下さい。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。