スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q6-4 同軸ケーブル、灰色と黒いものがあるんですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 同軸ケーブルには、主要なもので、2Vケーブルと呼ばれる種類とFBケーブルと呼ばれるものがあります。一般には、灰色が2Vケーブル、黒色がFBケーブルですが、一部のケーブル(フジクラ製品など)は、必ずしもそうなっていません。必ず、ケーブル表面に記載された文字で確認して下さい。例えば、5Dの太さのケーブルですと、5DFBと、5D2Vの2種類があるのです。
 
 さて、2VケーブルとFBケーブルは、同じケーブルの太さであっても、用途が全く異なります。自分の用途をよく考えて使用しましょう。
 2Vケーブルは芯線と網線という一般的な同軸ケーブルの構造をしています。網線はあくまでも網状になっているだけですから、例えば、軽くケーブルを曲げると、網がよじれてしまうわけです。網がよじれると、当然ケーブルの性能は落ちます。
 FBケーブルは、網線と接する形でアルミ箔がまかれています。アルミ箔ですので、常に均一を保つことが出来ます。2Vケーブルに比べ、FBケーブルは、性能が高く(損失が少なく)、お値段的にも割高になります。
 一般的にはFBケーブルを使用します。

 しかし、性能に差があるならば、2Vケーブルはどういう場合に使用するのでしょう。
 まず、周波数が低い場合、損失は高い周波数ほど大きくありませんから、HFなどでは、お値段の安い2Vケーブルを使用します。
 さらに、重要なのは、ローテーターでアンテナを回す場合です。
 アンテナを回せば、当然、ケーブルもそれに伴い、くるくると動き回ることになります。
 FBケーブルを使用しますと、その動きに耐えきれず、箔が破れてしまうのです。せっかくの箔も破れてしまっては効果がありません。その点、2Vケーブルは、若干、網線が乱れるものの、FBケーブルに比べ、被害も少ないというわけです。
 
 以上、今後、アンテナ関係をレベルアップしようという方は覚えておくとよいでしょう。
 また、144/430MHzで普通に使用するのであれば、FBケーブルを使用しましょう。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。