スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q9-3 セパレートか一体型かどちらがいいんだろう?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 さて、モービル機を選ぶ場合、第一に周波数帯、第二に同時受信タイプか切り替えタイプか、そして、それらと同様に大切なのが、セパレートタイプなのか一体型なのか、です。
 一体型というのは、もう何十年も前からあるボックス型の普通の無線機です。
 セパレートタイプというのは、フロントパネルと本体部分が分離し、その間をケーブルでつないで使用するモデルのことです。

 セパレートタイプが登場したのはここ十年くらいのことでしょうか。
 大きなモービル機の本体を車載に使用する場合、どうしてもパネル表示が見られる場所に無線機を設置する事が出来ない。そんな場合に、本体をシートの下などに置いて、パネル部分だけを、どこか目の届くところに設置する。
 セパレートタイプであれば、そんな使い方が出来るわけです。
 また、かつては、車の内装も、固い材質、平面で出来ていましたので、無線機の取り付けも簡単でした。
 しかし、近年の車は、内装部分が柔らかく、デザインがすっきりしているかわりに、なかなか無線機を設置できないというケースが増えてきました。これも、セパレートタイプ増加につながったようです。



 近年は、一体型とセパレートタイプの勢力は完全に逆転してしまいました。
 主要メーカーのモービル機でいいますと、現在、一体型とセパレートのデュアルを生産しているのはアイコムのみ。それ以外のメーカーはセパレートタイプのみの生産となっています。つまり、一体型が欲しければ、アイコムを選ぶしかないということですね。

 さて、一体型とセパレートタイプ。
 価格的には売価にしておよそ一万円の差が出てきます。
 ですから、出来るだけ低価格で、また、セパレートの必要性がないということであれば、一体型モデルを選んだ方が絶対にお得でしょう。
 トラックなど、うまく一体型モデルを取り付ける場所があるという方、もしくは、自宅に置くから、セパレートの必要性がないという方などです。

 逆に、一体型をうまく設置できない多くの車の場合は、セパレートタイプを選択することになります。



さて、セパレートタイプを使用する場合、よくカタログなどを読む必要があります。
一。まずは、セパレートケーブルが付属か否かです。最近はケーブル付属機種が増えてきましたが、それでもオプション設定になっているものもあります。必ず、付属しているかどうか確認して下さい。セパレートなのに本体価格が安いなと思ったら、セパレートケーブルセットで一万円くらいプラス出費でむしろ高かったなどということがあるかもしれません。
二。さらに、セパレートケーブルの長さもチェックして下さい。
 本体をどこに置くのかだいたい決めた上で、必要な長さを確認して下さい。最初に付属しているケーブルは3~4メートルです。別売りケーブルでは各社7メートル前後のケーブルを用意しています。
三。また、一般に、モービル機は本体から音が出ますから、セパレートで使用する場合、本体を置いた場所から音が聞こえることになります。一般には、外部スピーカが必要になるでしょう。
四。モービル機は本体にマイクをつなげるモデルとフロントパネルにマイクをつなげるモデルがあります。
 フロントパネルタイプはいいですが、本体にマイクをつなげるモデルはマイクケーブルの延長が必要になるかもしれません。その延長がセットの中に含まれているか確認して下さい。もしかすると別売りの可能性もあります。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。