スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q9-4 ハイパワー機ってよく飛ぶの?4級の資格では購入できないの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
モービル機は、ハンディ機と異なり、同じ顔のモデルであっても、20Wタイプとハイパワータイプの2種類があります。 名前の最後に、DやS、Hの文字がつくことが多いので、すぐに分かるでしょう。
 20Wモデルは、4級の資格対応、ハイパワーモデルは、3級以上対応ということになります。



 さて、20Wタイプは出力20Wです。ハイパワータイプは、たとえば、144/430MHzのデュアルバンド機ですと、50W/35W(144が50Wで430は35W)程度の出力であることが多いようです。同じ入力であっても、周波数帯が高いほど、パワーを生み出すのが難しくなります。つまり効率が悪くなるわけですね。ですから、430MHzでなかなか50Wを作り出すことは難しいようです。
 1200MHzはさらに周波数が高いですから、ハイパワーを作り出すことがさらに難しいことになります。もっとも、1200MHzは10Wが上限と定められていますから、ハイパワー機はありません。
 430/1200MHzデュアルバンドモービル機のハイパワータイプは、430MHzの出力だけが大きく、1200MHzの出力は10Wと変更ありませんから、そのおつもりで。



 さて、では、20Wタイプとハイパワータイプ(40~50W)はかなり交信距離に違いが出るのでしょうか。
 これはハンディ機のパワーの項目でもお話しましたが、その比較はなかなか難しいのです。交信距離は、アンテナや周囲の環境など、諸条件に大きく影響を受けるからです。机上では、およそ30パーセント程度の距離の違いという感じになるのですが、現実にはそれだけの違いが出るのか微妙なところです。
 実際には、送信能力が違っても、受信性能は変化ありません。
 両者を使用されたみなさんの印象を聞く限りでは、Sメーターで二つくらいかな、とのこと。そのあたりの評価が妥当かなという感じです。

「4級の資格では購入できないの?」
 これは難しいところです。
 厳密には、購入することはできますが、法律上、送信することはできません。
 実際には、申請なしで使用していても、「私は四級だけど違法に使用しているよ」とふれまわらない限り、それを見つける手段はほとんどないというのが現実でしょう。

 また、お店では、ハイパワー機販売の場合、3級以上の資格が必要であることを口頭でお客様に伝えるよう指導されています。ただ、その指導がどこまで守られているのか疑問です。
 また、そう定まってはいますが、「四級の方にはハイパワー機を売らない」という権利があるわけではありません。もちろん免許の提示が必要であるわけでもありません。「頼まれたから」「送信しないから」「使用しないから」と言われてしまえば、販売を拒否する理由もそれ以上ありません。
 逆に、お店によっては、この不況期、ハイパワー機の方が金額が高いからということで、すすんで、ハイパワー機を販売するというケースも耳にします。
 ですから、事実上、違法であることを考えなければ、四級の資格でハイパワー機を購入することも使用することも可能です。



 ただ、前述しましたが、それほど大きなメリットがあるわけではありません。
 3級の資格をとってやるぞという意欲もなくなってしまうでしょう。ハイパワー機使用は、ハイパワーを扱うわけですから、それなりに技術も必要だと思ってください。あまりになにも考えずに使用すれば、無線機を壊してしまう可能性も高くなります。
 また、受信性能に差がない以上、グループ内で自分だけがハイパワー機を使用しても、交信距離が伸びるわけではなく、むしろ他の方に混信を与える可能性だけが増えることになります。
 ですから、当店としましては、ハイパワー機を使用する必要性は少なく、また、ハイパワー機を4級の方が使用することはお勧めしません。

 ちなみに、現在、20Wモデルとハイパワー機とは、一万円程度の売価の違いがあります。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。