スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q9-5 昼間、日光でパネルの表示が見えないんだけど、なんとかならない?フロントパネルの選び方
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 さて、モービル機、特に、その本来の使用方法である車載機としてモービル機を使用したいと思っている方は、パネルの選び方も実は大切といえます。
 日差しが車内に入って、モービル機やカーオーディオのディスプレイの表示が全然読みとれない。
 そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。
 表示が少しでも見やすいのはどんなフロントパネルでしょう。



 モービル機のフロントパネルは、一般に、ネガタイプ、ポジタイプと言われる二種類があります。
 ネガタイプは、黒いバックにオレンジ色や黄色などのカラーが文字・数字表示として現れるものです。
 カーオーディオなどの液晶も同タイプですね。
 特徴は、夜、暗い車内などでは、イルミネーションとして非常に美しいということです。
 室内を不自然に明るくすることもありませんし、表示も読みとりやすいといえます。
 ただし、昼間、特に、直射日光が当たるような環境では、表示がほとんど読みとれなくなるという大きな弱点があります。

 逆にポジタイプは、カラーのバックライト上に、黒い液晶の文字が浮かび上がる方式になっています。
 フロントパネルそのものが発光する形になりますので、夜間の車のイルミネーションとしては不向きでしょう。
 ただし、日光が当たるような環境では、絶大な威力を発揮します。



 一般にはネガタイプのほうが人気があります。
 両者を店頭で見比べてみれば分かりますが、見た目はネガタイプの方が綺麗です。
 ただ、光の反射に困った経験がある方などは、一度、ポジタイプを使用すると、次回も必ずポジタイプを購入されてゆきます。
 メーカーとしては、売れるモデルを作りたいのが当然ですから、ポジタイプを発売しているメーカーというのは、かなり良心的といえるかもしれませんね。

 ネガタイプ・ポジタイプ、価格に大きな差はありません。
 以前は、同一モービル機でネガタイプ・ポジタイプの二タイプを用意してくれたメーカーもありましたが、現在はありません。機種によって、ネガタイプ、ポジタイプと分かれています。



 選び方は、その特徴を考えれば、自ずと明らかでしょう。
 ネガタイプは夜間、車を使用することが多い方、もしくは、ちょうど日陰にディスプレイを設置できる方などに向いています。また、自宅など室内に設置される方にも向いているといえるでしょう。
 ポジタイプは、当然、営業車など、昼間、無線機をよく使用する方には大変おすすめといえます。
 ご自分の使用条件をよく考えて、選択してみてください。

 また、ネガタイプを昼間される方は、日よけなどの工夫でかなり表示が見やすくなります。
 一時期、専用日よけをケンウッドがつくってサービスしていましたが、今はありませんね。あれは好評でした。

 先日、ネガポジ切り替え機能付きモービル機がケンウッドから登場しました。
 ブルーの液晶表示ですが、ボタン一つでネガポジを切り替えることができます。
 通常のポジよりは若干見やすさが落ちますが、夜間もきれいに見たい。昼間もそれなりに表示が読みとりたいという方には、なかなか魅力的なモデルといえるかもしれません。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。