スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q10-9 バイクで使用したいんですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 バイクでアマチュア無線を楽しみたいという方は比較的多いようです。
 ただ、バイク使用で便利な商品という点では、バイク使用の方はあまり恵まれていないように思います。いろいろと自分で工夫しないと、なかなか使い勝手がいいというわけにはいかないようです。

 もちろん、ハンディ機一台あれば、送受信は出来るとは言うものの、走行中にも、快適に交信を楽しみたいというのは当たり前の要求でしょう。
 
 さて、まずはヘッドセットですね。
 本体を口元にいちいち持っていけないのはもちろんのこと、スピーカマイクを使用しての交信も出来ません。そこで、ヘルメットの中にマイクとスピーカを組み込めるように、各社からヘッドセットが発売されています。
 当店では、アドニス製、リンク製のヘッドセットを扱っています。
 また、アマチュア無線ショップと同時に、バイクの専門店などにもヘッドセットは扱われているはずです。そちらでも探してみるとよいでしょう。
 ただ、快適に使用できると言われるヘッドセットはかなり高額で(1万円以上)しかも保証はほとんどありません。細いラインで無線機までをつなぐだけですが、切れれば一度しか使用していなくとも、修理・保証は難しいところです。気をつけて使用する必要があります。


 
 さて、ハンディ機を使用する際の電源ですが、まずは、電池・バッテリーでの使用をお勧めします。バイクから電源をとると、ノイズを拾う可能性が非常に高いのです。もちろんノイズを拾わない場合もありますから、とりあえず、チャレンジしてみてもいいでしょう。ノイズがひどくてこのままでは使用できないという場合は、配線の位置を変えてみたり、ノイズフィルターなどを用いてその軽減をはかるとよいでしょう。いずれにしてもノイズが出ますと、あれこれ対策に時間が必要ですから、とりあえず使用してみたいという方は電池使用を前提に考えましょう。



ヘッドセットの用意が出来たら、次はアンテナ周りです。
 ハンディ機付属のアンテナでは、交信範囲は非常に限られたものになります。
 併走する程度の距離であれば問題ありませんが、高速道路などでは意外とすぐに距離が離れてしまうもの。そのままでは交信距離が寂しいというものでしょう。
 そこで、モービル用アンテナを使用して交信距離を伸ばすことを考えましょう。
 一般にはナンバープレートのところにモービルアンテナを設置するのが標準的なようです。各社、ナンバープレート用の基台と、同軸ケーブルを発売しています。条件が合えば、それらの商品を活用すると便利でしょう。












ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。