スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q11-2 アンテナを折り曲げて走っても良いですか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 およそ70cm以上のほとんどのモービル用アンテナには折れ曲げ機能があります。
 アンテナの根元の部分から上へ引っ張るとアンテナを横に曲げることが出来ます。
 また、基台もダイヤルをゆるめてアンテナを折れ曲げることが出来ます。運転席側、ルーフサイドに基台を取り付ければ、車から降りずに半身を乗り出すだけで、折り曲げも可能です。
 さらに電動基台を使用すれば運転席からスイッチ一つで折れ曲げる事が出来ます。
 いずれも、走行中、高さ制限のある場所を通る時などに重宝する機能です。
 
 では、常時折り曲げて走るというのはどうでしょう。
 送受信時、折り曲げていては十分な機能が発揮されないことは当たり前ですね。
 前述、斜めにアンテナを設置しただけでも、交信距離は変わってくるというのに、まして地面と平行近くに曲げてしまっては、ほとんど交信できなくなってしまいます。
 では、送受信時以外はどうでしょう。つまり無線機を使用していない時ですが、これもやはりアンテナを曲げたままにしておくのはやめましょう。
 アンテナの折り曲げ機能は、スプリングの微妙なバランスで出来ています。折れ曲げたまま高速移動しても大丈夫なようには出来ていません。
 また基台による折り曲げの場合も、車がバウンドすれば、アンテナもバウンドし、車に傷をつけたり、アンテナそのものの破損、もしくは他の方への迷惑になる可能性もあります。
 高さ制限のある場所を通る時だけアンテナは折り曲げ、ゆっくりと前進。その場を過ぎたら、速やかに元の状態に戻す。こんな使い方をしましょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。