スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q1-6ハンディ機の電池、どのくらい持つの?すぐになくなるんだけどどうしたらいいの?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
「野外で電池切れたりしたら困るでしょ?どのくらい電池って持つものなんですか?」

●ハンディ機の電池の寿命はカタログに書いてあるものをまずチェックしましょう。
 一般的には電池四本のタイプですと、送信一、受信一、待ち受け八という使用方法で約四時間というのがカタログの平均のようです。

 これでは全然足りないという方もみえるでしょうし、十分だという方もいるでしょう。
 とりあえず、電池の寿命を延ばす方法を考えてみましょう。
 これはハンディ機の基本的な使い方の理解にもつながるはずです。

 「私のハンディはカタログでは四時間ほどしか使用できないと書いてあるけれど、十時間以上は十分に持つんですけれど?」

 そういう使用方法の人もいます。つまり使用方法によって電池の寿命は大きく違うのです。



●電池の寿命をいかにのばすか。

 まず、考えるべきは送信パワーを落とすということです。
 一般に送信は受信の二十倍電力を使用すると言われるほどの電池食いなのです。
 通常四時間しか電池が持たないと言われるハンディ機でも単なる待ち受けと受信だけの使用であれば、十分に一日、電池が持つ計算になります。
 ですから、まず、送信パワーを出来るだけ落とすことが大切です。
 ハイパワーで交信出来たら、そのままハイパワーのままで使用を続けていませんか?
 ハンディ機は必ずローパワーの設定ができるようになっているはずです。
 相手との交信が十分にできるような近距離であれば、どんどんパワーを落として使用しましょう。
 機種によっては、三段階も四段階もパワーが刻んであります。交信できる限りで、出来るだけ小さなパワーで送信することが大切です。

 もちろん、出来るだけ送信をしないようにするというのも効果があるのは言うまでもありません。

 ちなみに、モービル機などの場合、外部から電源を取るので、電源の心配はありません。しかし、本来はやはり、必要最小限のパワーに抑えるべきでしょう。不必要に大きなパワーは混雑したバンド状況の場合など、他の人に迷惑をかける可能性が大きくなるからです。

  

 ●それ以外にも小さな点ですが、いくつか電池寿命に関係する点があります。
 まずライト。ハンディ機は夜間でも周波数表示が見えるようににパネルにライトがついています。
 機種によっては一度押すとずっとライトが点灯し続ける機種もあります。
 しかしライトは大変電気を食います。周波数の設定をしたら常にオフにすること。

 さらに親切なモデルでは、キーイルミネーションといって、数字入力をするテンキーまでもライティングされます。これなども電池の無駄遣いです。出来るだけオフにするようにして下さい。

 さらに、気付かない点ですが、ボリュームも出来るだけ絞ってください。
 出来れば、イヤホンを使用するとベストでしょう。それほど音量を上げなくても快適にハンディ機を使用することが出来ますし、省エネです。

 その他、待ち受け時の電流消費量を抑えるため、バッテリーセーブ機能を搭載しているモデルがあります。それを使用すれば若干でも、待ち受け時の電池の消耗を抑えることが出来るようです。

●電池の容量を考えると、マンガンよりもアルカリを使用すべきでしょう。ニッカド電池は大きさが同じでも容量に違いがあります。ニッカド電池よりもニッケル水素、携帯電話でも引っ張りだこのリチウムイオン電池などはさらに長時間の使用が可能です。

●最終的には省エネの手を尽くした上で、予備の電池を確保するのがベストでしょう。もしくは、最新リチウムイオン電池付属のハンディ機に買い換えるというのも一つの解決法ではあります。あ、ご購入は当店で……。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。