スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q11-3 どうしても走行中、アンテナを木にぶつけちゃうんですけど?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
車高が高い場合、どうしても、山道を走るときなど、アンテナを木にぶつけてしまうということがありますね。
 もちろん、まず、出来るだけ枝などにぶつけない長さのアンテナを選ぶのがベストです。
 木にぶつけたりしますと、どうしても、アンテナの微妙な調整が狂ってきます。調整が狂うと、送受信に際して、アンテナ本来の性能が発揮されません。
 とくに1200MHzが入っているアンテナは本当に細かい調整がなされています。1200MHzの使用できるアンテナは木にぶつけないということを前提に考えましょう。

 アンテナはぶつけない方がいいことは分かっていても、少しでも利得のよいアンテナでないと困るという方もみえるでしょう。
 その場合、まずは最悪、アンテナが折れてしまわないように、柔らかいエレメントのアンテナを使用するというのも手でしょう。
 全長全てが柔らかいわけではありませんが、上半分ほどを特殊なソフトエレメントにしたモービルアンテナが各社から登場しています。これならアンテナの根元あたりにものをぶつけない限り、アンテナが折れる可能性はぐっと少なくできるでしょう。
 
 そうそう、アンテナをよくぶつける方は、アンテナの故障により、送受信の性能が落ちている可能性があります。自分の電波の飛びが悪くなっていないか、時折、チェックするようにしましょう。また、送受信の性能が急に悪くなったという場合は、友達にアンテナを借りて、そのアンテナと交換してテストしてみましょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。