スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q11-5 基台にキャップを忘れて水が入ったみたい。乾いたらなんとかなる?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 アンテナを外して洗車をしたんだけど、キャップを忘れてしまった。
 車庫に入れる時アンテナを外した後、忘れていて雨の中をそのまま走ってしまった。
 意外とよくあるものです。
 
 さて、基台にキャップを忘れて、その間に水が入ったみたい。
 乾かしたらそのまま使用できるのでしょうか。
 
 とりあえず、少量であれば、まずはタオルなどですばやくふき取り、その後は注意深く使ってみましょう。問題なく使用できる場合もあります。


 
 ただ、雨の中で一日放置してしまった場合などは、乾かしても、ふき取っても、ほとんど『ダメ』だと考えましょう。
 コネクターにいったん水分が入ると、表面をふき取っても乾かしても、ケーブルの中にじんわりと水分が染み込んでゆきます。染み込んだ水分は、ケーブルの中を少しずつ腐食させます。そうなると、ケーブルの整合性(SWR)が狂ってきます。この整合性が上昇すると、送信しても、アンテナからパワーが出ていかなくなります。また、そのパワーのほとんどが無線機側に逆流するようになります。無線機には当然負担になり、最悪の場合、無線機を故障させてしまいます。
 
 まずはケーブルの中に水が入らないよう細心の注意を払いましょう。
 最近、送受信が悪いぞと思ったら、基台側のコネクターの中をのぞき込んでみましょう。緑青(ろくしょう:緑色から青色のさび)がついていたら、内部は水が染み込んだと思って間違いないでしょう。ケーブルは全部交換が必要です。
 その時大丈夫でも、じわりじわりと腐食は進んでゆきます。二週間から一ヶ月後、送受信の性能が低下していないか用心深く使用した方がよいでしょう。


 
 基台側コネクター部分に緑青があるかどうかのチェックは、あくまでも簡易なチェック方法です。本来は、SWR計を使用して、ケーブルアンテナの整合性を定期的に確認することをお勧めします。SWR計については、後述。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。