スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q12-1 アンテナどれにしようか?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 ハンディ機の自宅使用の項目も参考にしてみて下さい。
 さて、ハンディ機の項目で、GPの話などを簡単にしました。
 今回は少し具体的にGPアンテナの選び方を考えましょう。
 
 GPアンテナの長さは1m程度のものから、7mを越えるものまであります。
 例えば、第一電波工業の144/430MHzデュアルGPですと、X30が一番短く1m30、続いてX50が1m70、X200(2.5m)X300(3.1m)X400(4.6m)X510M(5.2m)X500H(5.4m)X700H(7.2m)という順です。
 カタログでアンテナそれぞれの利得を見比べていただければ明らかですが、当然、長いものの方が利得は高く、送受信の性能はいい。
 ただ、現実的に使用されているのは、1.3mの一番短いものから、せいぜいX400、4.6mまでが一般的でしょう。
 はじめてGPアンテナを使用するからという方に一番人気は、X30、X50。ある程度、ばんばんと無線を楽しんでいるという方ですと、X300、X400あたりでしょうか。
 それ以上の長さになりますと、やはり屋根の上に上げるのが大変です。


 
 さて、現実に使用する場合は、GPにマストをつけて屋根からあげることになります。
 マストの長さも様々ですが、一般には1m60程度のものから、5mを越えるものまで。
 デンコウカンやスイドウカンを手に入れることが出来れば比較的丈夫ながら安価に仕上げることが出来ます。
 それほど大きなアンテナをつけないのであれば、ホームセンターなどでそこそこの強度のマストを手に入れればよいでしょう。
 
 さて、GPアンテナの現実の性能は、その場所のコンディション(まわりに障害物があるかどうかなどなど)、その場所の地上高、そして、マストの長さ、GPの長さによって決定されます。
 ですから、もう少し飛距離をのばしたいのであれば、GPアンテナを買い換えるというよりも、マストを少し長めのものに変えてみるという選択をすることができるわけです。
 ですから、最初から意気込んで、一番長いGPアンテナを選ぶよりは、1~4mほどのアンテナを購入しておいて、マストの長さで飛距離を調整してはいかがでしょう。














ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。