スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q12-5 アンテナ設置の注意事項?
2006年01月13日 (金) | 編集 |
 GPアンテナ設置の際の注意事項を少し。
 
 まず、GPアンテナとマストの設置について。
 GPアンテナは、一番下に取り付けるラジアル付近(ノンラジアルタイプは当然ラジアルはありません)から電波が出ます。ですから、ラジアル付近、特にラジアルの上には、金属を出さないようにしましょう。
 金属製のマストを使用する場合は、長さの都合などで、ラジアルよりも上にマストが頭を出しているものをみかけますが、電波がうまく出ていきません。他にも、金属製のベランダや、テレビのアンテナ類などはGPアンテナに干渉します。出来るだけ、ラジアル付近には近づけないように設置しましょう。


 
 さて、GPアンテナと同軸ケーブルの接点は、金属製の筒をかぶせ、直接水がかからないように出来ています。実は、このコネクター部分は、モービル用のコネクターと異なり、防水ではありません。そのため、直接水分がコネクターからケーブルへ染み込まないようにしているのです。
 しかし、残念ながら、パイプだけでは十分ではありません。湿気や、水蒸気など、パイプの中にはどうしても、水分が付着します。
 簡単にケーブル、アンテナの交換が出来ない以上、防水対策はさらにしっかりしましょう。

 まず、ビニルテープと自己ゆう着テープを購入しましょう。
 コネクター部分にまず自己ゆう着テープを巻きます。自己ゆう着テープは、その横幅が半分になるほど引っ張りながら巻くと、テープまき同士がくっつきゴム質になり隙間がなくなります。これで基本的には水が入ることはありません。
 ただ、自己ゆう着テープは弱いものなので、穴や亀裂が入る可能性があります。
 その上から、丈夫なビニルテープをぐるりと巻きましょう。
 これで万全です。
 その上から筒(パイプ)をかぶせるわけですが、あまり沢山巻きすぎて、筒に入らないというのはよくあることです。気をつけましょう。
 ちなみに、ゆう着、ビニルテープを巻く前に、ケーブルに筒を通しておくのを忘れないように。


 

同軸ケーブルは、GPアンテナの下で、30cmから50cmくらいの輪を作って、ビニルテープでマストに固定しましょう。直接コネクターにケーブルの負担を軽減することが出来ますし、送信電波を若干きれいにする効果があります。
 
 ケーブルを室内に引き込む時、ケーブルを伝わって屋内に雨が入らないよう、ケーブルを少したるませたり、一度少し上へ持ち上げてから入れるなど、工夫しましょう。













ぜひ一度ご来店下さい!肝っ玉母さんのアマチュア無線専門店CQオーム
メルマガ読者14,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数まもなく700本!増加中!

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。